【究極のメガーヌ対決】R26R vs 275トロフィーR vs トロフィーRニュルブルクリンク・レコード・エディション 前編

2020.03.28

はるかに野蛮で強烈

そして、同時に275のほうが幅広く、重く、スカットルは高く、そしてはるかに強固なモデルだと感じられる。

さらに、45psというパワーの違いを考えれば驚くには値しないが直線でもより速いのは275の方だ。

カーボンファイバー製ホイールは1万2000ポンド(166万円)のオプションだ。
カーボンファイバー製ホイールは1万2000ポンド(166万円)のオプションだ。

だが、より注目すべきはアクセルオンでもオフでも自然なハンドリングであり、コーナーへと進入すると、275トロフィーRはまさにアペックスへと一直線に飛び込んでいく。

例えスロットルオフでも同じような挙動を見せ、ブレーキを残したままであれば、FFとしては驚異的とも言える、ドライバーの予測どおりの動きで見事なコントロール性を発揮する。

R26Rが比較的繊細で穏やかな様子を見せる一方、275トロフィーRははるかに野蛮で強烈なマシンだ。

最後に、このよく似た3台を、2010年登場のポルシェ911 GT3 RSと、より新しい911 GT2 RSとの比較に使ったもうひとつのテストへと連れ出すことにした。

3台のメガーヌと同じく、この2台のポルシェもドライビングの楽しさに違いはないとしても、新しいモデルの方がより強固で、重く、そして大きく感じるとともに、レスポンスとグリップ、さらに加速力でも古いモデルを上回っていた。

 
最新試乗記

人気記事