【称賛したくなる624psの恐竜】BMW X6 Mコンペティションへ試乗 V8ツインターボ

公開 : 2020.03.10 09:50  更新 : 2020.03.11 21:48

恐竜的でも褒めずにいられない技術力

日常的な扱いやすさという点では、新しい通常のX6と同等。最も快適重視のドライブモードを選んでいても、乗り心地が過度に硬いということを除いて。揺れが穏やかになることはなく、大型SUVのBMWが本当に好きでなければ、我慢できないかもしれない。

インテリアはデザインに優れ、知覚品質も価格なりに高い。フロントシートの空間も広いが、荷室容量は通常の状態で580Lと、少々物足りない。ボディの見た目はアグレッシブさを増し、最も強力な3代目のX6だと、上手に主張できている。

BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)
BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)

価格もその分安くない。より親しみやすいBMW X6 M50iより、1万7780ポンド(254万円)も高価。CO2の排出量も284g/kmと盛大だが、将来的にはクラシックモデルとして、評価される可能性もなくはない。

純粋な内燃エンジンを搭載したハイパフォーマンスSUVクーペは、生き残りの恐竜的なクルマに映るかもしれない。だが、X6 Mで達成したMディビジョンの技術力の高さを、称賛せずにはいられない。

BMW X6 Mコンペティションのスペック

価格:11万3310ポンド(1620万円)
全長:4941mm
全幅:2019mm
全高:1683mm
最高速度:249km/h(リミッター/Mドライバーズ・パッケージ:289km/h)
0-100km/h加速:3.8秒
燃費:8.0km/L
CO2排出量:284g/km
乾燥重量:2295kg
パワートレイン:V型8気筒4395ccツインターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:624ps/6000rpm
最大トルク:76.1kg-m/1800rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記