【超音速と呼ばれたGT】イタリアボディのジャガーXK120スーパーソニック 後編

公開 : 2020.03.21 16:50  更新 : 2020.12.08 10:55

ギア社が手掛けた類を見ない完成度の高さ

「このクルマはわれわれが手掛けたスーパーソニックの中で、最も完璧なクルマでした。おかげで作業は比較的簡単。しかし、スケジュールはかなりキツかったです」 とレナートが振り返る。

車内は初期のフィアット8Vを積んたコンレロ・スーパーソニックとかなり異なっている。ボディは基本的に同じデザインで、ギア社の才能のある職人が同じ成形型を用いて打ち出している。

「ギア社の職人の技術力は、古典的なコーチビルダーの中では最高のレベルです」 とレナートが付け加える。ジャガーXKと同じドアハンドルに、フロントグリル内の3本のバー、エンブレムが、イタリアと英国コベントリーとの結びつきを匂わせる手がかりだ。

2019年のヴィラ・デステに間に合ったXK120スーパーソニック。偶然にも同じギア社が手掛けたアバルト205スポーツ1100を負かし、クラス優勝を果たす。これも1953年のトリノショーに出品されたクルマだった。

ジャガー・カーズの創業者、ウィリアム・ライオンズがXK120をコーチビルとした記録はない。だが、オリジナルのスタイリングを与えられたXK120の中で、XK120スーパーソニックほどの完成度を誇るクルマは他にはない。

一方で、1953年に発表されたサヴォンヌッツィのデザインは、先進的だった。10年後にコンレロ・スーパーソニックがスクラップ置き場で発見されると、ギア427クーペ、CSX3055として、コブラ427シャシーに載せられた。

才能溢れるデザイナーは、7.0Lエンジンを積んだ音速ボディのマシンで、250km/h以上の高速を楽しんだに違いない。

番外編:MoMA永久所蔵品を生んだデザイナー

1911年、イタリア北部のフェラーラで生まれたジョバンニ・サヴォンヌッツィ。ミッレ・ミリアに出場する何台かの先進的なグランドツアラーをデザインしてきた。ミッレ・ミリアのコースに彼の生まれ故郷があったこともあり、幼少期からレースを目にしていたに違いない。

トリノで工学を学ぶと、航空機業界と自動車業界で多才なキャリアを形成する。1940年にフィアットの航空機エンジン部門に加わるが、趣味として自動車のスタイリング・モデルも制作していた。

ジャガーXK120スーパーソニックをデザインしたジョバンニ・サヴォンヌッツィ
ジャガーXK120スーパーソニックをデザインしたジョバンニ・サヴォンヌッツィ

エンジニアとしてスタートしたサヴォンヌッツィだが、ジャガーで腕をふるったマルコム・セイヤーと同様、風洞実験での知見と、確かな造形の審美眼を備えていた。1945年になると、シチタリア社のテクニカルマネージャーへ就任。自動車業界へと転身する。

そこでD46モノポストのほか、シチタリア初のスポーツカーとなる202のデザインを手掛ける。1947年にタツィオ・ヌヴォラーリがドライブしたスパイダーから、アルフレド・ヴィニャーレが制作したストリームライン・クーペまで、常にサヴォンヌッツィは空力を意識したデザインを生んだ。

中でもシチタリア202ロードカーは、世界で最も美しいクルマとして高く評価。ニューヨーク近代美術館で展示され、永久所蔵品となるほど。才能あふれるサヴォンヌッツィは、デザイン・スケッチをピニンファリーナのために描いている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ジャガーの人気画像