【なぜ?】メーターに液晶パネルを採用するクルマが増えている理由とは フル液晶がトレンド?

2020.03.22

ホンダはベーシックカーのフィットに採用

確かにフル液晶パネルのメリットはわかったが、それはアウディのような上級車種だからこそできるもの……と思っていたら、先日フルモデルチェンジで4世代目となったホンダ・フィットがフル液晶パネルのメーターを備えて登場したのである。

採用の理由についてホンダは「インパネ周りをシンプルかつ心地よい視界を実現するために、小型で十分な情報表示が可能な液晶メーターを採用しています」

ホンダ・フィットに組み合わさるフル液晶パネルのメーター。
ホンダ・フィットに組み合わさるフル液晶パネルのメーター。

「液晶メーターにより、全体のトーンに合わせたシンプル表示にすることも出来る点がメリットと考えています」

「また、お客様に合わせて表示項目をカスタマイズすることが出来るのもメリットの1つです」とコメント。

フィットのメーターはアウディのように大型のものではなく7インチと小ぶりながら、わかりやすく情報を整理した表示を可能としたことで、老若男女問わず心地よいドライビングを楽しむことができるようになっている。

アナログメーターに比べてコストがかかりそうなフル液晶パネルメーターではあるが、車種によってアナログメーターを作り分けるよりも、フル液晶パネルに表示する内容だけを変えるようにできればそのコストは圧縮できるとも考えられるため、今後はこういったメーターを採用する車種は増えるかもしれない。

 

人気記事