【いま手に入れないと手遅れ?】英国版AUTOCAR おススメ中古車10選

公開 : 2020.04.05 08:50

メルセデス・ベンツ製サルーン:1990年モデル230Eセダン

2995ポンド(38万4000円)、走行距離15万4000km

メルセデスの全盛期と言えば、それは間違いなくW123とW124がドイツでベージュ色のタクシーとして活躍していた時代だろう。

メルセデス・ベンツ230E
メルセデス・ベンツ230E

現代の複雑なシステムなどとは無縁の、ベーシックなビニル素材のシートと、可能であれば手動式ウインドウを備えた個体が望ましい。

1990年代初頭のSLとSクラスも偉大なモデルだが、W123/W124には実用的なセダンとエステートとしての純粋な魅力が備わっている。

極端に走行距離が多い車両であれば、ヘッドガスケットと油圧リフターに注意した方が良いだろう。

サスペンションが劣化した場合、ボールジョイントとショックアブソーバーを新品に交換する必要がある。

最大の懸念はケーブル類の劣化であり、非常に古い個体で錆が発生している場合、修理には莫大なコストが掛かる。

それでも、その価格は依然としてバーゲンと言える状態が続いており、これ以上クールなモデルなど存在しない。

マツダMX-5(日本名:ロードスター):2013年1.8iクロ・エディション

7999ポンド(102万5000円)、走行距離9万7000km

定番のユーズドモデルだが、完ぺきな1台だ。

ケーターハムほどハードコアではなく、純粋なロードスターとの生活を楽しみたいのであれば、少なくともMX-5がオーナーを悩ませるようなことはない。

まさにこのクルマは、ほどほどのパワーと見事なファンを備えた究極のドライビングマシンだと言える。

30周年を迎えたMX-5には数多くの選択肢が存在するが、もっとも手軽に楽しみを味わいたいのであれば、手に入れるべきは可能な限り新しいモデルとなる。

タイミングベルトテンショナーの破損と摩耗したドロップリンクによるサスペンション劣化、固着したブレーキキャリパーが意味しているのは、その他にも注意すべき点のある個体だということだ。

ベテランドライバーが所有していた個体であれば、大抵素晴らしいコンディションを保っている。

番外編:決して買ってはいけない…

マツダRX-8(2003年〜2010年)

注目するのは良いが、安いのには理由がある。

エンジン状態の見極めなど、このクルマのロータリーが抱える問題の一角でしかない。

BMW 320i(2005年〜2011年)

マツダRX-8
マツダRX-8

1シリーズと3シリーズで数多く採用されていたN43型4気筒エンジンはタイミングチェインに問題を抱えており、チェインの伸びとコマ飛びが発生する。

ランドローバー・ディスカバリー2(1998年〜2004年)

複雑な機構がオーナーを苦しめるだろう。

エアサスペンションはパンクし、トランスミッションの電子制御は時々しか機能しない。

関連テーマ

人気テーマ