【ライバルに勝る楽しい走り】新型 フォード・クーガ PHEV STラインへ試乗

公開 : 2020.03.31 10:20  更新 : 2021.07.27 14:54

ドライバーが得られる楽しさはライバル以上

電動パワーステアリングは感じ取れる情報量が少ないが、軽快で正確。コーナーの頂点めがけて、思い切り飛び込める。一回り小さなプーマほどの俊敏性や調整幅はないにしろ、明確な差とまではいえないだろう。

クーガは安定したまま、高速にコーナリングしていく。間違いなく、オペル三菱PHEV版SUVより楽しめる選択肢だ。

フォード・クーガ2.5PHEV STライン(英国仕様)
フォード・クーガ2.5PHEV STライン(英国仕様)

さすがにタイトなコーナーで攻め込むと、クルマの重さを感じ始める。だがトルクベクタリング機能が、ラインを保持しようと努めてくれる。

ブレーキには少しの改善を求めたい。回生ブレーキと摩擦ブレーキとの移行が完全にはスムーズではない。減速の不自然さを抑えるには、細かなペダルワークが必要となる。CVTの状態によっては、意図した以上に強くブレーキが掛かるところもあるようだ。

クーガは先代までのダイナミクス性能を失うことなく、洗練性と快適性、環境性能を高めてきた。指摘するのなら、フォードの狙っているプレミアム感が、インテリアでうまく表現できていないところ。

英国の場合、価格の安いガソリンエンジン・モデルの方が、強い支持を得るかもしれない。しかしPHEVのライバルSUVで比べれば、ドライバーが得られる楽しさは、明確にフォード・クーガの方が一枚上手だ。

フォード・クーガ2.5PHEV STラインのスペック

価格:3万5195ポンド(475万円)
全長:4614mm
全幅:1883mm
全高:1661mm
最高速度:199km/h
0-100km/h加速:9.2秒
燃費:71.4km/L
CO2排出量:32g/km
乾燥重量:1844kg
パワートレイン:直列4気筒2488cc+電気モーター
使用燃料:ガソリン
バッテリー:14.4kWh
最高出力:225ps(システム総合)
最大トルク:ー
ギアボックス:CVT

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

PHEVの人気画像