【パリ生まれの青いモンスター】ル・マンを戦った848ccのDBル・モンスト 前編

公開 : 2020.05.09 07:20  更新 : 2020.12.08 11:04

ピラーを切りルーフラインを低く

ル・モンストのベースとなったのはHBR4で、手掛けたのは、ギルオーディン。747ccのパナール製2ストロークエンジンを積む。一風変わったスタイリングのモンスターだ。

ギルオーディンのエンジニアとしての教育は、4才の頃から始まった。彼の父はフランス南東部の都市、シャンベリーのガレージを営んでいた。

DBル・モンスト(1959年)
DBル・モンスト(1959年)

レースへ初めて参加したのは1948年。それ以来、職業ドライバーでもあり、DBのスペシャリストの1人にもなった。

ギルオーディンは、馬力で劣るHBR4で性能指数賞を狙うなら、より高出力を狙うより、空力特性を向上させる方にチャンスがあると考えた。

レイが資金提供をしていたコーチビルダー、シャルメットは、ギルオーディンの描いたスケッチを具現化した。まず手始めに、HBR4のルーフラインを11cm低くした。

フロントピラーは切断され、ルーフパネルの位置を下げた。より滑らかなサイドシルエットを構成している。テール部分はプラスティック製のパネルを作り、4cm短くしてある。

ドアも、グラスファイバーではなくアルミニウムで新しく制作。もともと付いていたパナールZ用のリアガラスは、フロントガラスになった。プラスティック製のボディに接着されていたアルミニウム製シャシーは、そのまま利用している。

ツール・ド・フランスに向けた調整を重ね、DBル・モンストが完成した。目を細くすれば、アストン マーティンDB4 GTザガートに見えなくもない。テールは切り落とされ、フロントノーズには大きいグリルが穿たれ、丸いヘッドライトが添えられている。

関連テーマ

 
最新試乗記