【見通せる確かな仕上がり】BMW 4シリーズ・プロトタイプ ドイツで試乗 後編

公開 : 2020.05.05 10:20

プロトタイプの印象はとてもポジティブ

2+2のシートレイアウトを持つインテリアは、大きなカバーが掛けられた状態だった。新しいBMW 4シリーズを完全に確かめるには、もう少し待つ必要はある。少なくとも、プロトタイプの印象はとてもポジティブなものだった。

ボディサイズは若干大きくなったものの、運転席に座った印象では、少しコンパクトに感じられたことも記したい。ドライバーへの訴求力も、磨き込まれている。

BMW 4シリーズ・クーペ・プロトタイプ
BMW 4シリーズ・クーペ・プロトタイプ

BMWは、従来モデルに向けられてきた意見へ耳を傾けていた。実際的なステアリングフィールや、ドライバーとの一体感は大きく改められるだろう。かつては、高性能なMモデルのみに与えられていたような、高度なエンジニアリングも投入されている。

ジョスが話すとおり。新しい4シリーズ・クーペが、より確かな仕上がりを得ることは、間違いなさそうだ。

BMW 430iクーペ・プロトタイプのスペック

価格:4万2000ポンド(567万円・予想)
全長:−
全幅:−
全高:−
最高速度:249km/h(予想)
0-100km/h加速:5.5秒(予想)
燃費:13.7-14.6km/L(予想)
CO2排出量:154-158g/km(予想)
乾燥重量:−
パワートレイン:直列4気筒1998ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:258ps/5000-6000rpm
最大トルク:40.7kg-m/1640-5000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事