【新型ディフェンダー開発の舞台裏】5人の重要人物にインタビュー 後編

公開 : 2020.05.10 18:50

熱心な議論 何か新しいこと

彼らは「残すもの」、「新たに創り出すもの」、そして「採用するもの」という3つの項目に基づいてアクションリストを作成すると、幅4mの壁いっぱいにアイデアを書込み、時には「幹部」も巻き込んで毎日熱心な議論を行ったと言う。

その結果が、キャビン・クロスビーム(「デザイナーたちが素晴らしいアイデアを出してくれました」)や高い位置に設置したギアシフター、セントラル・フロントシートとバーチカル・ウイング・ミラー(「オリジナルのシリーズ1への回帰です」)、さらにはリアボディに設けられたアルペンライトなどといったものだ。

グリーンハウ:「何か新しいことをしなければならないと分かっていました」
グリーンハウ:「何か新しいことをしなければならないと分かっていました」

「いま思い返すと、こんな風に新型ディフェンダーに自分たちのアイデアが採用されるなどと何故信じられたのかと思います」

「もちろん、社内のベテランスタッフからも沢山のサポートがありましたが、わたし達全員、何か新しいことをしなければならないと分かっていました」

グリーンハウはその後も新型ディフェンダーに関わり続け、多くの時間をロブ・アトキンスのもとで働いている。

いま彼女は将来のインテリアデザインをリサーチする新たなチームを率いている。

マイク・クロス:ビークルインテグリティ担当チーフエンジニア

言葉よりも実践 ルックスに相応しい走り

マイク・クロスは寡黙な男だ。

すべてのモデルに「ランドローバーらしさ」を与えるという自らの仕事を説明するのに、彼は言葉よりも実践を好む。

マイク・クロス:ビークルインテグリティ担当チーフエンジニア
マイク・クロス:ビークルインテグリティ担当チーフエンジニア

ひとたび車両の仕上がりに納得すると、ひとびとに実際にステアリングを握ってもらったり、そのクルマで自らの見事なドライビングスキルを披露するのだ。

そして、それがいま新型ディフェンダーの開発でクロスが果たした役割に耳を傾けながら、ゲイドンにあるテストコースを150km/h近くのスピードで周回している理由だった。

「まさにこのクルマのルックスに相応しい走りを実現したいと思っていました」と、彼は言う。

「少しばかりメカニカルな感じと、適度な正確性といったものを備えた楽しめるドライビング性能ですが、決して特別なものではありません。スポーツカーではないのですから」

これがこれまでクロスが携わってきた数々のモデルよりも新型ディフェンダーが大きなロールを許す理由であり、このクルマにはオフローダーとして悪路への対応能力が求められているのだ。

わたしがステアリングを握って、新型ディフェンダーが大小の路面不整にしなやかに対応する様子に感心していると彼は嬉しそうな表情を見せた。

四輪独立懸架のソフトなエアサスペンションにもかかわらず、例え高速であってもこのクルマはしっかりとした接地感を感じさせる(190km/h以上の速度も試してみた)。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事