【世界最高を目指したV12】ラゴンダLG45とV12ラピード 戦前のクラシック 後編

公開 : 2020.05.30 16:50  更新 : 2020.12.08 11:04

まごうことなき世界で最高のクルマ

中央に大きくそびえるシフトレバーは、少々無骨。ストロークは短く、扱いやすい。ブレーキペダルのストロークは長いものの、1450kgの車重を持つラピードの速度をしっかり絞ってくれる。

微妙な色合いで塗り分けられたツートーンのV12ラピードは、アメリカで部分的にレストアを受けている。金属質な雰囲気の見た目は素晴らしく、色もボディに良く合っている。

ラゴンダLG45(1935年)とラゴンダV12ラピード(1938年)
ラゴンダLG45(1935年)とラゴンダV12ラピード(1938年)

1938年当時でも、内気なドライバーが乗るタイプのクルマではなかった。デザイナーのフランク・フィーリーが手掛けたディテールが心地イイ。長く、緩やかに傾斜するドアに、サイドモールと一体のドアハンドル。

ラジエターキャップの造形を反復するような、2つの給油口キャップ。フロントガラスは緩やかにボンネットの弧を描き、必要なら折り畳むことも可能だ。付け根の角度も、ボンネットの開口部と綺麗に一致している。

1938年のモーターショーでは、ラゴンダとベントレーのブースは隣り合わせだった。ラゴンダV12ラピードの価格は1600ポンド。

ベントレー・パークワード・ドロップヘッドは1805ポンドで、ロールス・ロイス・ウェールズは1610ポンドが付いていた。

アラン・グッドの経営は長くは続かなかったが、ウォルター・オーウェン・ベントレーとフランク・フィーリーの力を借り、見事に宣言を実現したといえるだろう。当時、世界で最高のクルマだったことは、今見ても明らかだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事