ホンダ・モビリオのプロトタイプをインドネシア・モーターショーで発表

2013.09.19

ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(以下、HPM)は、インドネシア・ジャカルタで9月19日から29日まで開催される第21回インドネシア国際モーターショーにおいて、アジア市場向けマルチパーパスビークル、ホンダ・モビリオのプロトタイプを出展します。

モビリオは、インドネシア国内で最も販売台数の多いマルチパーパスビークルの低価格帯市場に、ホンダとして初参入するモデルとなる。3列シートで乗車定員7名分という広々とした室内空間を特長としつつも、全長4m40cm以内の駐車スペースに収まるコンパクトなサイズ。路面状況を考慮したSUV並の最低地上高185mmも確保している。エンジンは4気筒1.5ℓi-VTECガソリンエンジンを搭載。生産は、2014年1月から稼働予定のインドネシア・カラワン地区のHPM第二工場で行う。

本田技研工業株式会社 代表取締役 社長執行役員 伊東 孝紳は、「モビリオは、ホンダがインドネシア市場向けに開発した最初のモデルで、現地のお客様のご要望を十分に反映しながら、お求めやすい価格とホンダならではの高い品質を実現したモデルです。今後も現地のお客様のニーズに合わせた魅力的な商品を積極的に投入し、インドネシアでのビジネスをさらに拡大していきます」とコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事