スズキ、インドネシアでワゴンRを発表

2013.09.19

スズキのインドネシア子会社、スズキ・インドモービル・モーター社(SIM)は、1000㏄の乗用車ワゴンR(現地名:KARIMUN WAGON R)を2013年9月より生産開始した。これは、9月19日より開催されているジャカルタ・モーターショーにて、スズキの鈴木俊宏副社長が発表したもの。

「ワゴンR」はインドネシア政府のLCGC(Low Cost Green Car)政策に適応した低燃費の1000㏄5人乗り乗用車で、SIM社のタンブン工場にて2013年9月より生産を開始する。

関連テーマ

 
最新国内ニュース