【アクティブな家族へ】トヨタ・カローラ・トレック(カローラ・クロス)へ英国試乗

公開 : 2020.06.11 10:20  更新 : 2021.01.28 16:58

乗り心地やステアリングも好印象

試乗車のアルミホイールは17インチ。タイヤのサイドウォールは充分に高く、殆どの路面で穏やかな乗り心地にまとめている。

通常のカローラでも乗り心地は優れているが、カローラ・トレックは高速道路でさらに若干、洗練度が増した印象。プレミアム・ブランドのライバルには並ばないにしても。

トヨタ・カローラ・トレック 2.0ツーリング・スポーツ(カローラ・クロス/英国仕様)
トヨタ・カローラ・トレック 2.0ツーリング・スポーツ(カローラ・クロス/英国仕様)

高められた車高のおかげで、路面の起伏や隆起を超える不安感はさらに少ない。だが、落ち着きはもう少し欲しいところ。

20mm車高が上がっていても、動的なレスポンスが悪化していない点も良い。直感的な操縦性と、優れた姿勢制御を両立させている。

ステアリングも、速度域に関わらず重み付けは好印象。ドライバーとの一体感という面ではクラスベストではないにしろ、優れたバランスに仕上がっている。

カローラ・トレック専用となるウッド風のインテリアトリムと、2トーンのファブリック・シートのおかげで、インテリアの雰囲気は明るい。しかし、8.0インチのインフォテインメント用モニターは解像度が荒く、ライバルより見劣りする部分。

ショートカット・ボタンやボリューム用ダイヤルなどは使いやすいものの、英国版のナビのソフトウエアは扱いにくい。アンドロイド・オートとアップル・カープレイは、英国ではディーラーに並ぶ時までには対応予定だという。

広く人気を集める可能性あり

標準のトヨタ・カローラ・ツーリングよりも買いだろうか。クロスオーバー風コンパクトモデルの人気の高まりを見れば、新しいカローラ・トレックは広く人気を集めるトヨタ製モデルになるはず。

充実した標準装備を考えれば、約3万ポンド(400万円)の英国価格はお手頃と呼んでも良い。必要と思えるモノはほぼ付いている。加えて、読者の想像以上に運転も楽しめる。

トヨタ・カローラ・トレック 2.0ツーリング・スポーツ(カローラ・クロス/英国仕様)
トヨタ・カローラ・トレック 2.0ツーリング・スポーツ(カローラ・クロス/英国仕様)

オフロードの走破性は、確かに四輪駆動のライバルモデルよりは制限される。それでも、歩道の段差や未舗装路への対応力は、通常のカローラ・ツーリングよりは上。トヨタ・カローラ・トレックを検討する価値は、充分にあるといえるだろう。

トヨタ・カローラ・トレック 2.0ツーリング・スポーツ(カローラ・クロス/英国仕様)のスペック

価格:3万950ポンド(408万円)
全長:4653mm(標準ツーリング)
全幅:1790mm(標準ツーリング)
全高:1445mm(標準ツーリング)
最高速度:180km/h
0-100km/h加速:8.1秒
燃費:17.9-18.9km/L
CO2排出量:121g/km
乾燥重量:1560kg
パワートレイン:直列4気筒1987cc+電気モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力:183ps(システム総合)
最大トルク:19.3kg-m(システム総合)
ギアボックス:CVT

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事