【違いを説明できる?】トヨタ・ハリアー/RAV4/ヴェンザ/ハイランダー、ぜんぶ兄弟 似ているけど違った

2020.06.12

兄弟とは思えない大型のハイランダー

最後にご紹介するのは、昨年末から北米仕様で4代目となるモデルが販売されているハイランダー。

そんなハイランダーの元祖は、2000年に初代ハリアーの兄弟車として登場したクルーガーとなる。

トヨタ・ハイランダー(2021年モデル)
トヨタ・ハイランダー(2021年モデル)    トヨタ

もともと高級クロスオーバーSUVとしてリリースされたハリアーに対し、コンサバティブなイメージの車種として登場した。

海外ではハリアーがレクサスRXとして販売される一方で、クルーガーはハイランダーという名前で販売され、ハリアーには存在しない3列シートモデルやハイブリッドなどを追加し、独自の進化をすることとなる。

日本でのクルーガーとしての販売は初代のみで終了したが、海外ではハイランダー名義でモデルチェンジを重ね、昨年末に4代目へと進化した。

新型となったハイランダーは、4950mmの全長と1930mmの全幅を誇り、ランドクルーザー200並みの堂々のボディサイズ。シートは3列となり、7人乗りと8人乗りが用意される。

搭載エンジンはハリアーにも採用される2.5Lハイブリッドのほか、V6 3.5Lも用意され、まさにアメリカンSUVといった様相だ。

北米トヨタのラインナップには、さらに大きなエンジンを搭載する4ランナーやセコイアが存在するが、装備の充実ぶりはハイランダーが上手と言えそうだ。

このように、仕向地に応じてクルマを作り分けるのはさすがトヨタといったところ。

ヴェンザやハイランダーが日本でラインナップされることはないだろうが、TNGAプラットフォームの拡張性を改めて実感した次第である。

 

人気記事