【ベントレー4台で英国縦断2泊3日】ジュネーブ・ショー中止が生んだ旅 前半

公開 : 2020.06.23 10:20

急遽決まった1340kmの英国縦断旅行

だがベントレーは違った。イベントを率いるのは、マイク・セイヤーという人物。彼はいつも光を灯し、正しい方向へ導いてくれる。すべての試乗車が整い、同行するクルーも準備ができていた。

参加メンバーの8名はプランBの実施を喜んだ。ベントレーとのライフスタイルを体験するというアイデアは、まだ生きている。

ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブル(英国仕様)

ウイルスが蔓延する前の英国を、ジュネーブまでと同等の距離走る。途中、何か所かで休みながら、英国中部、クルーにあるベントレー本社を目指す旅。プランBも負けずに魅力的だ。

クルーでは、デザイン・ディレクターのシュテファン・ジーラフとともに、極めて少量生産されるバカラルのコンセプトモデルを鑑賞する予定。ベントレーのボスと、意見を交わす機会もある。

8名全員が、クルーを目指すことに賛同した。金曜日の夜は、1119年までさかのぼるリーズ城内部を巡り、ディナーをいただいた。とても優しく、味わい深いものだった。

ベントレーがジュネーブまで手配していたトラックは、進路をクルーへと変えた。われわれが到着する前に、大切な荷物を届けるために。

プランBは当初、ジュネーブの頭文字のGにちなんで、英国北部のグレンイーグルスへ立ち寄ることが考えられた。ところが、ホテルは空いていなかったようだ。

翌日、朝食の中で計画の修正が練られた。エディンバラまで向かい、スコットランドを西に横断し、南のクルーを目指すルートに決まった。総距離は1340kmになる。

滑走路を封鎖して250km/h以上を体験

土曜日の朝、ケント州を出発した一行は、グレートブリテン島を南北につなぐ高速道路、A1を北上。さらにA69とA68を進み、エジンバラを目指した。滞在するのは格式あるホテル・バモラル。素晴らしいディナーと、ウイスキーのテイスティングが待っていた。

翌日の日曜日は、少し離れたグレンキンチー蒸留所へと立ち寄った。香り豊かな、甘い琥珀色が楽しめる。そこから高速道路のA7を南下し、カーライルへ伸びる走りがいのある道、A74とM6へと入る。

旅の途中で立ち寄ったグレンキンチー蒸留所
旅の途中で立ち寄ったグレンキンチー蒸留所

当初、ジュネーブまでの旅程では、ドイツのアウトバーンでフライングBを飛ばす計画だった。その楽しみを奪われた8名へ急遽用意されたのは、カーライル空港。

空港の管理者は、短時間ながら、ベントレーのために長さ1.8kmの滑走路を閉鎖してくれた。午後のフライトまでの間、われわれは速度制限の厳しい英国にいながら、250km/h以上を体験することが許された。

ベントレー側の努力と、空港側の素晴らしい善意による結果だ。翼を解かれた4台のベントレーは、待っていましたとばかりに、堂々と滑走路を疾走した。

超高速域を楽しんだわれわれは、さらに南下。その晩は、国立公園の中に位置する街、グラスミアのフォレストサイド・ホテルで心身を休めた。

2回目の夜が明けた月曜日は、西のコッカーマスへ向かった。素晴らしい活躍を見せるレースカー、ベントレーGT3を生み出した、Mスポーツ社を訪れるために。

この続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事