【美しい姿に自然吸気のV8】レクサスLC 500リミテッド・エディションへ英国試乗

2020.06.24

機敏でバランスの取れたスポーツカー

10速ATのメリットとしては、高速クルージング時の燃費を10.6km/L程度にまで高められることがある。変速自体は、シフトアップもシフトダウンも充分にクイック。ただし、電光石火のポルシェ製PDKほど鋭いわけでもない。

このトランスミッションは、レクサスが2021年のモデルイヤーに向けてアップデートを目指している部分。レシオや変速タイミングが改められ、日常の走りやすさを改善する予定だという。

レクサスLC 500リミテッド・エディション(英国仕様)
レクサスLC 500リミテッド・エディション(英国仕様)

21インチホイールとランフラット・タイヤという組み合わせは、ラグジュアリーなグランドツアラーへ期待する以上に硬い乗り心地と、にぎやかなロードノイズを生んでしまう。サスペンションは落ち着きがなく、荒れた路面では処理に苦労している様子。

コンフォート・モードを選んでいれば、乗り心地は少し改善される。それでも、長距離走行を得意とする、グランドツアラーのベスト・モデルに並ぶことは難しい。

ドライバーの気持ちが高まるような、カーブの連続する道へ進むと、LC500の優れたハンドリングが顕になる。とても機敏で、バランスの取れたスポーツカーだ。

低回転域でのトルクは控えめだから、リアタイヤがスライドしはじめる場面は限定的。スポーツ+モードを選び、パワーを掛けていくと、旋回姿勢の自由度が増す。可変レシオのステアリングと四輪操舵システムを備えるものの、操縦性に悪影響を及ぼすことはないのがイイ。

 
最新試乗記

人気記事