【ゴルフVSフォーカス】8代目ゴルフはベスト・ハッチバックなのか 前編

2020.06.25

バージョン2.0とよべるインテリア

エンジンのスタートボタンとシフトノブ、3つのペダルも、もちろんある。でも、そのくらい。これこそ次世代のフォルクスワーゲン流インテリア。バージョン2.0といったところだろう。

従来はクロームメッキが適度に施された、視覚的にも満足感の高いインテリアが自慢だったと思う。最新型では、そんなスイッチ類はお役御免とばかりに姿を消してしまった。これは、見方によっては弱みにもなり得る。

 フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)

エアコンのスイッチもないダッシュボードから、見慣れた、上質な雰囲気のゴルフという印象を受けられるのか。丁寧な設計を施されたであろう、あのインテリアが懐かしいのでは。

実際に8代目ゴルフに乗るまで、そんな疑問を抱いていた。しかし、こうして最新のゴルフのインテリアに触れてみると、心配は薄れていく。

バージョン2.0となったミニマリストなインテリアは、操作に慣れてしまえば、従来のゴルフのように扱いやすい。上質でソリッドな素材感は薄れていても、それを超える優れた部分にも気づくことができる。

今回、フォード・フォーカスとの比較試乗の相手に選んだゴルフは、幅広いグレードの中から手頃なものを選んだ。それでも、充分に普通以上の内容を備えている。

ちなみに8代目のゴルフへは、電圧48Vのマイルド・ハイブリッドが追加され、さらにプラグイン・ハイブリッドと、いくつかの高性能モデルも投入される。ゴルフのラインナップは、例によって多岐にわたる見込み。

 
最新試乗記

人気記事