【グランプリレーサーから4シーターへ転身】マセラティ・ティーポ26 前編

公開 : 2020.07.05 07:20  更新 : 2020.12.08 11:04

火のついた爆弾のように走ったマセラティ

チームには、当時28歳だったウォルター・アーネスト・ウィルキンソンも含まれていた。才能のあるメカニックで、後にエキュリー・エコッセやBRM(ブリティッシュ・レーシング・モータース)でも活躍している。

ウィルキンソンはウィルキーと呼ばれ、親しまれた。マシンに乗るライディング・メカニックとしての体験は、マセラティが初めて。ジョージ・エイストンの運転で、ブルックランズを190km/h以上で走った記憶が忘れられないと、自伝で触れている。

マセラティ・ティーポ26(1930年)
マセラティ・ティーポ26(1930年)

「午前8時のスタートから前半の12時間、ぶっ通しでマシンを飛ばしました。ガードレールもない状態の、バンクコーナーの頂上側を。最初は恐怖の体験でしたが、少し慣れた後でも、凄まじいものでしたよ」

荒れた路面を高速で周回するから、ハートフォード・ダンパーがロックし、シャシーは大きく跳ねた。「マセラティは起伏部でジャンプし、骨までしびれる勢いでコンクリートの路面に着地するんです」

「ブルックランズ・サイレンサーを装備していても、排気音は激しく、ほとんど何も聞こえませんでした」 ウィルキンソンを守っていたのは、小さなフロントガラスと、亜麻布のフライング・ヘルメットにゴーグル程度。

最も辛かったのは、エキゾーストとトランスミッションからの熱。彼の足は火傷したという。 「小さなトラブルはありましたが、クルマは1日中、まるで火のついた爆弾のように疾走しました」

無念にも、初日の12時間が過ぎようという最終ラップで、ピニオンギアがバイフリート・バンクコーナーの激しいジャンプで破損。金属音とともに、ジュリオ・ランポーニはコースアウトしてしまう。スペア部品はなく、ティーポ26はそこでリタイアとなった。

関連テーマ

 
最新試乗記