【グランプリレーサーから4シーターへ転身】マセラティ・ティーポ26 前編

公開 : 2020.07.05 07:20  更新 : 2020.12.08 11:04

アルファ・ロメオ8Cが最大のライバル

2カ月後、シャシー番号2518と、準備が整ったもう1台の2516は、アイリッシュ・グランプリ参戦のためにダブリンへと運ばれた。地元の支援者、マダム・ガーストンの支援で予算が付き、イタリア人レーサー、ジュゼッペ・カンパリがシャシー番号2516のエースとして雇われた。

チームメイトのドライバー、ジョージ・エイストンは、イタリア人ライディング・メカニックへの報酬額を知ると、ウィルキンソンも同じ金額にするべきだと主張したという。

マセラティ・ティーポ26(1930年)
マセラティ・ティーポ26(1930年)

「20ポンドは、それまでに働いていた中で一番多額の報酬でした」 とウィルキンソンは後に振り返っている。ドラマチックなレースは、フェニックス公園を横断する6.8kmのサーキットが舞台だった。

オーバー1500ccクラスに属する、マセラティ・ティーポ26最大のライバルは、アルファ・ロメオ8C。シャシー番号2111002で、ベントレー・ボーイと呼ばれた、ヘンリー・ティム・バーキンが注文したマシンだ。

ロングシャシーを備え、ザガート製のボディは完成が予定より遅れていた。クルマが組み上がったのはレースの数日前。ミラノからダブリンまで、直接自走して乗り込んだ。

ル・マン24時間レースの日程とも近かった、アイリッシュ・グランプリ。それでも、ホン・ブライアン・ルイスが率いるタルボ105や、ロード・ハウが率いるメルセデス・ベンツSタイプなども参戦している。

ブルックランズでのリタイアを経て、ウィルキンソンはコクピットからフレキシブル・パイプで注油できる仕組みを取り付けていた。リアアスクルは、走行中でもオイルの補充が可能となった。給油時間を短縮できる、ジョウゴも考案した。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事