【幸福で満たされる】ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルへ試乗

2020.06.27

走りのベストバランスはベントレー・モード

ステアリングの操舵感は、重すぎず、軽めと呼べる。期待通り、フロントタイヤへ伝わるトルク感は排除しつつ、手のひらへの路面の情報は残されている。

車重のあるラグジュアリーなグランドツアラーだけあって、グリップの限界値は手前にあってもおかしくない。それでも、コンパクトなスポーツサルーンのように、自由度とバランスを保持し、大きなボディの向きを変えていける。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)

タイトなコーナーを攻めても、クルマの限界値がどこにあるのか、明確には見えてこない。まるで何か特別な力が働いているかのようだ。しかも、かなりの高い次元にある。

スポーツ・モードでは、路面の起伏を通過するとシャシーへストレスが加わり、不規則な振動がわずかに感取される。ベントレー・モードを選べば、姿勢制御とハンドリング、乗り心地の最良バランスが得られる。

コンフォート・モードを選んでも、クーペと同等の揺るぎないソリッド感と上質な乗り心地は得られない。ソフトトップは高速域でも見事に風切り音を遮るが、16万ポンド(2112万円)以上のラグジュアリーGTに期待するほど、外界との隔離感は高くはない。

いずれも、グランドツアラーに対する価値観で受け止め方は変わると思う。ルーフを開いて、特別なクルマとの時間を楽しみたいと考えるオーナーなら、クーペとの些細な違いは気にならないはず。

 
最新試乗記

人気記事