【価格/サイズ/内装は?】プジョー208新型、日本発売 スペック/燃費を解説 EVのe208も

公開 : 2020.07.02 19:05

新型208 シャシー/パワートレイン

新型208は、グループPSAのB/Cセグメント用の最新プラットフォームであるCMPをベースにしている。

スムーズでフリクション感の少ない乗り味、スポーティなハンドリングを実現。プジョーのコンパクトカーに期待されるフィーリングを備えている。

新型プジョー208の後席
新型プジョー208の後席    グループPSAジャパン

サスペンション形式は、フロントにマクファーソンストラット、リアにTBA(トーションビームアクスル)と、プジョーの伝統を継承。なお、e208はバッテリーの重量増に対応すべく、リアのTBAにパナールロッドを追加している。

日本仕様のICE版のパワーユニットは、今のところ1.2Lの直列3気筒ターボのガソリン・エンジンのみ。

最高出力は100ps、最大トルクは20.9kg-mを発生する。従来型に搭載されていた1.2Lターボ(110ps/20.9kg-m)より最高出力は少し低められている。

組み合わされるミッションは、8速トルコンATのEAT8になった(従来型は6速)。

プジョーのハッチバックといえば、「GTi」が歴代の20Xシリーズや30Xシリーズには設定されてきた。新型208でも、フランス本国では、今年の秋にはコンセプト・モデルが発表されると噂されている。

新型EV e208

新型208と同時に登場した「e208」は、100%電動パワートレインを搭載している。駆動用の電気モーターは最高出力136ps(100kW)と最大トルク26.5kg-mを発生する。

バッテリーは大容量の50kWhのリチウムイオン・バッテリー。自然吸気ガソリン・エンジンなら2.6L相当のトルク、26.5kg-mを発進時から発生させ、瞬時の応答性を発揮するドライビングを体験できる。

電気自動車のプジョーe208の荷室
電気自動車のプジョーe208の荷室    グループPSAジャパン

e208は、スポーツ(136ps/26.5kg-m)/ノーマル(109ps/22.4kg-m)/エコ(82ps/18.4kg-m)の、3つのドライビングモードが設定できる。

またブレーキモードも、Dレンジでは内燃機関のような自然な走行ができ、Bレンジではエネルギー回生を強化してワンペダル感覚で運転が可能。

航続可能距離は、欧州WLTPモードで340km(JC08モードは申請中)。バッテリーの保証は8年または16万kmとなっている。

充電方法は3種類。標準装備されている3kW 200Vコンセント型普通充電なら、100%充電に約18時間、50km充電に約4時間弱。6kW/200Vのウォールボックス型普通充電器なら、100%充電に約9時間、50km充電に約2時間弱。

CHAdeMO急速充電なら、50kWの80%充電に約50分だ。なお、スマホのアプリで充電の予約やエアコンの作動などを設定することも可能だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像