第2世代の日産キャシュガイのエンジンが判明

公開 : 2013.10.03 19:00  更新 : 2017.06.01 02:15

第2世代の日産キャシュガイのエンジン・ラインナップは1.2ℓターボがメインとなるようだ。このエンジンは113bhpを発揮するDiG-T4気筒で、ラインナップでは唯一のガソリン・エンジンとなる。

ディーゼルは108bhpの1.5 dCiと128bhpの1.6 dCiだ。

トリムはビシア、ビシア+セーフティ・パック、アセンタ、アセンタ・プレミアム、テクナの5つで、後者2つのトリムの1.6 dCiエンジン搭載モデルは4WDも用意される。

ここ数ヶ月、英国でテストが繰り返されている第2世代のキャシュガイのスパイ・ショットによれば、前モデルよりも際どいアヴァンギャルドなデザインを持つことが予想される。

価格は£30,000(475万円)未満からスタートすることとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事