【新スパイショット】メルセデス・ベンツ新型Sクラス 進化したスタイリング

公開 : 2020.07.13 18:30

より多くのパワーと快適性を実現

パワートレインについては、ハイブリッドモデル仕様の内燃ユニットは、メルセデス最新の3.0Lおよび2.9L直列6気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジン、AMG製4.0L V8エンジンをベースにする。

各エンジンには、トランスミッション内のディスク型電気モーターとトランクフロアに設置されたリチウムイオンバッテリーが組み合わされる。

新型Sクラスのスパイショット(リア)
新型Sクラスのスパイショット(リア)

EVのEQSには、フロントとリアをそれぞれ駆動する2基の電気モーターが搭載され、全モデル四輪駆動となる見込みだ。

EQCではこれと同じセットアップで400ps以上のパワーと71.4kg-mのトルクを発揮するが、EQSの開発に携わったエンジニアによると、さらなる出力向上が図られているという。

計画されているAMGパフォーマンスモデルでは、600psを超えるパワーを発揮するようだ。

プラットフォームが異なるにもかかわらず、標準のSクラスとEQSは同じアクティブ・サスペンション・システムを共有することになっている。

現行Sクラスのエアマティック+システムを発展させたもので、48Vの電気システムとステレオカメラを組み合わせ、前方の道路をスキャンして各ホイールのスプリングとダンパーの動きを調整する。

コーナーでのボディロールを抑えるだけでなく、ピッチングのコントロール性も向上している。

デザインに関しては、すべての新世代モデルに影響を与えるような、メルセデス・ベンツの新境地を開拓するという。

プロトタイプのスパイショットからは、特徴的なトライバンドLEDマルチビームヘッドライト、古典的なグリル、空力性能を向上させるためボディラインに収まったドアハンドルなどが見て取れる。

なお、EQSは独自のスタイリングを採用する。EV特有のパッケージングを応用して、標準モデルよりも短いボンネットと、大きく傾斜したフロントガラスが特徴だ。

関連テーマ