【なぜマツダ、こんなにファンと関係近い?】ロードスターの存在 広島という土地柄 スバルとの違いは?

公開 : 2020.07.28 12:05  更新 : 2020.07.29 07:14

メーカーとユーザー これからの関係

このように、マツダとスバルは企業体質や社会背景での違いはあれど、マツダはロードスター、スバルにはSTIという、企業ブランドを象徴する存在があるためファンとの関係が深堀りしやすいし、実際に良き関係を維持できている。

一方で、トヨタ、日産、ホンダには、そうしたファンとの強い絆が弱い印象がある。

トヨタGRヤリス(中央)
トヨタGRヤリス(中央)    トヨタ

その中でトヨタは、GRを強化しながら、量産車「GRヤリス」の初期販売が好調であるが、現時点ではまだ、GRファンは限定的で、そこからトヨタブランド全体への波及効果が現れるにはまだかなり時間がかかりそうだ。

日産やホンダも、ニスモや無限があり、スーパーGTやF1は当面続けていくとしても、ファンやユーザーとの関係性について、新たなる方策を示すべき時期だと感じる。

その中で、日産は横浜本社近くに期間限定の日産パビリオンを開設し、「アリア」を筆頭とする未来の日産像を紹介しているが、こうした機会から、さらにもう一歩踏み込んだような秘策はないものか?

メーカーとユーザーが良き関係を築き、単なるユーザーからファンになる。

手作りイベント、ロードスター展を肌で感じながら、未来のくるまのあり方について様々な可能性を思い浮かべた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事