【詳細データテスト】ポルシェ・タイカン 正真正銘ポルシェのスポーツカーでありドライバーズカー 重量を感じさせない走りと快適性 デジタル偏重の内装は使い勝手に劣る

公開 : 2020.08.08 11:50  更新 : 2021.02.10 17:27

快適性/静粛性 ★★★★★★★★★★

タイカンのシートは座面の長さ調整が可能で、アジャストもサポートもほしいであろうところすべてに備わる。長時間乗っていても、快適性は完璧に近いものがある。

乗り心地を見ると、これほど重くスポーティなクルマとしては、驚くほど外乱を遮断できている。その一因は、おそらく床下の大きなバッテリーが生む制振効果にあるだろう。

床下に積んだバッテリーの重量は、制振効果で良好な乗り心地に貢献していると思われる。路面状況に合ったモードを選択すれば、快適性に不満は覚えない。
床下に積んだバッテリーの重量は、制振効果で良好な乗り心地に貢献していると思われる。路面状況に合ったモードを選択すれば、快適性に不満は覚えない。    OLGUN KORDAL

のみならず、不整路面でもすばらしくなめらかに走る。もっとも、その状況にマッチした走行モードを選択していればだが。

レンジとスポーツプラスの各モードでは、車高が標準時より22mmダウンする。どちらもスムースな路面ではみごとに機能するのだが、B級道路で鋭く大きな突き上げをいなすにはサスペンションのトラブルがやや不足気味だ。この場合、ノーマルかスポーツを選ぶのが正解だといえる。

エルゴノミクス面からみれば、まったく問題がないわけではない。ダッシュボード上の小さなシフトセレクターは、手を伸ばすとステアリングホイールのリムに邪魔されるような位置にあり、慣れるまで手探りでは見つけにくい。

また、ヘッドライトやダンパーセッティングのスイッチはタッチ式で、ガラスパネルが全面を覆う計器盤の外縁に配置される。手触りで容易に把握できる物理的スイッチの代わりとしては、使い勝手に不満が残るところもある代物だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記