【下剋上カー】トヨタ・ヤリス、比較試乗 ガソリン/ハイブリッド 価格/内装/安全装備の評価は?

公開 : 2020.08.12 06:20  更新 : 2021.12.28 00:01

トヨタ・ヤリスの内燃1.5Lモデル、ハイブリッド車を比較してみましょう。前席/後席の使い勝手に加えて、装備、価格、TNGAの走りについて評価します。キーとなるのは、「タウンユース以上」の使い方。

どんなクルマ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Masanobu Ikenohira(池之平昌信)

安全性やストレスフリーの運転感覚はすべてのクルマに必要だが、残念ながら一昔前は車格に比例するような部分があった。

今ではなくなったとは言い切れないが、安全&運転支援機能の進化は下克上をもたらす結果となった。

トヨタ・ヤリスZ(シアンメタリック+ブラック/1.5Lガソリン)
トヨタヤリスZ(シアンメタリック+ブラック/1.5Lガソリン)    池之平昌信

古い設計の上級クラスより最新設計の小さなクルマが充実した安全&運転支援機能を備えるのは「よくある話」。ここで試乗したヤリスはそんな下克上カーを代表する一車である。

1L車には設定されないが、1.5L車とハイブリッド車は全モデルにACCと走行ライン制御型LKA(レーンキーピングアシスト)を標準装着。ACCは30km/h以上の対応になってしまうが、LKAはレーダーによる前走車追従ライン制御を併用する高機能型。

ACCとLKAは高速長距離走行の運転ストレス軽減効果が高く、上級クラスが得意とする長距離適性向上の要点の1つだ。

リアはトーションビーム

プラットフォームは新設されたGA-B。TNGAプラットフォームでは最小クラスとなり、カローラ(GA-C)以上では全仕様のリアサスにダブルウイッシュボーンを採用するが、ヤリスはFFにトーションビーム、4WDにダブルウイッシュボーンを用いる。

軽量化とコスト管理を考えれば当然だが、操安性などの狙い所は共通している。

ただし、ファミリー&レジャー用途向けのユーティリティには消極的である。

内装 前席・後席は?

後席や荷室周りを絞り込んだスタイルは、4名乗車時の実用性よりもスポーティ&カジュアルなイメージを優先した結果。

軽乗用や1Lクラスのハイト系を見慣れた目には非実用的に見えるが、同クラス世界基準に準拠したと考えれば理解できる。ここは車格を強く意識させられた。

トヨタ・ヤリスZの後席(シアンメタリック+ブラック/1.5Lガソリン)
トヨタ・ヤリスZの後席(シアンメタリック+ブラック/1.5Lガソリン)    池之平昌信

圧迫感のある後席に対して、前席周りは「おもてなし」が利いている。

圧迫感を減らした小径ステアリングとインパネ。中央には存在感を示すDA(ディスプレイ・オーディオ)。しかも、全車標準装着で、ディスプレイのサイズはX系に7インチ、G系以上は8インチを採用。

パッドPCを思わせるデザインや通信の拡張機能など、DAはネット時代のクルマの象徴でもある。

前席シートも見所の1つ。ヘッドレスト一体型の標準仕様、イージーリターン仕様、ターンチルト仕様を用意。標準仕様以外は乗降性向上が狙いだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    川島茂夫

    Shigeo Kawashima

    1956年生まれ。子どものころから航空機を筆頭とした乗り物や機械好き。プラモデルからエンジン模型飛行機へと進み、その延長でスロットレーシングを軸にした交友関係から自動車専門誌業界へ。寄稿していた編集部の勧めもあって大学卒業と同時に自動車評論家として自立。「機械の中に刻み込まれたメッセージの解読こそ自動車評論の醍醐味だ!」と思っている。
  • 編集

    徳永徹

    Tetsu Tokunaga

    1975年生まれ。2013年にCLASSIC & SPORTS CAR日本版創刊号の製作に関わったあと、AUTOCAR JAPAN編集部に加わる。クルマ遊びは、新車購入よりも、格安中古車を手に入れ、パテ盛り、コンパウンド磨きで仕上げるのがモットー。ただし不器用。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

トヨタ ヤリスの人気画像