【1点を除いてライバルより上】純EV版 プジョーe-2008へ試乗 航続距離331km

公開 : 2020.08.31 10:20

フランス、プジョーが送り出す、コンパクトSUVの純EVがe-2008。運転が楽しめ、乗り心地も良く、インテリアも上質。航続距離は331kmとやや短めながら、多くの点でライバルを超えると、英国編集部は評価します。

もくじ

プジョーを選んだら、パワートレインを選ぶ
驚くほどダイナミックな走り
乗り心地も良く、インテリアも上質
足を引っ張るのは、331kmの航続距離
プジョーe-2008(英国仕様)のスペック

プジョーを選んだら、パワートレインを選ぶ

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
日本でもホンダeの発売が始まるが、欧州では数多くの純EVがリリースされ始めている。プジョーは208の純EV版、e-208をすでに発売しているが、今度はひと回り大きなe-2008が登場となった。

今の2つのトレンドを掴んだモデルといえるだろう。純EVと、SUVだ。

プジョーe-2008(英国仕様)
プジョーe-2008(英国仕様)

コンパクトSUVというカテゴリーは、実はEVにも適している。走行距離が比較的短く、都市部での利用が多いという特徴がある。

e-2008の直接のライバルとなるのが、欧州では韓国勢のキアe-ニロと、ヒュンダイ・コナ・エレクトリック。こちらも、プジョーの戦略と近い方針で進めているといっていい。

エンジン版の2008に並ぶ、バリエーションの1つとしてプジョーはe-2008を捉えている。ガソリンや軽油をエネルギー源とする2008と、区別されずに販売される。「プジョーを選んだら、パワートレインを選ぶ」というスローガンを掲げているほど。

スタイリングでは、小さな違いがある。e-2008のフロントフェンダーやテールゲートには、小さな「e」のロゴが入る。フロントグリルは縦縞ではなく横縞になり、ボディと同色に塗られている。

グリルに配される大きなライオンマークは、見る角度でグリーンからブルーへと色味を変化させる。フランス流のおしゃれだ。

驚くほどダイナミックな走り

電気自動車で懸案なのは、航続距離だと思う。プジョーe-2008の満充電で走行可能な距離は、WLTP値で331km。ヒュンダイ・コナ・エレクトリックは469kmもあり、明らかに短い。

331kmは、多くのドライバーの利用条件としては充分な距離ではある。だが、航続距離は長い方が、多くのバイヤーを引きつける理由にはなるはず。

プジョーe-2008(英国仕様)
プジョーe-2008(英国仕様)

今回の試乗では、市街地や高速道路、郊外の開けた道など120kmほどを走行した。その結果、e-2008の航続距離は159km減少している。エアコンを付けて、アクセルを積極的に踏んだぶん、余計に短くなったようだ。

e-2008が基礎とするのは、グループPSAの新しいe-CMPと呼ばれるプラットフォーム。e-208やDS 3クロスバック Eテンス、オペル・コルサ-eなどのほか、通常のエンジン版モデルも採用している。

汎用性に優れるプラットフォームのおかげで、通常のエンジン版2008と比較しても、車内空間は犠牲になっていない。50kWのバッテリーで、300kgほど車重は増えている。

重くなった車重の影響は、速度域の高い道路で明らかに実感させられる。郊外のタイトコーナーでは特に。しかし、e-2008はとても良く走るし、操縦性も良い。

軽く正確なステアリングフィールもあって、驚くほどダイナミックな運転を楽しめる。コンパクトSUVとしては。

市街地での乗り心地の良さも、プラス・ポイント。キアe-ニロなどのライバルモデルは、速度抑止用のスピードバンプを柔らかくこなすが、姿勢制御で不満があることが多い。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事