【ついに試乗】ランドローバー・ディフェンダー ラダーフレーム捨てた! オンロード/オフロードの実力を試す 後編

公開 : 2020.08.28 11:50  更新 : 2020.09.08 14:36

500万円切りで現実感アップ

デザインは先代ディフェンダーの特徴をくみ取りつつ、モダンに刷新。走りの面でもオフロード方向に少し、オンロード方向には大きく進歩している。

生産はこのクルマのために誕生したスロバキア工場でおこなわれているが、今回試乗した初期モデルでもクオリティはとても高かった。

そんな優等生すぎる新型ディフェンダーが、マニアのみならずこれまでランドローバーに関心がなかった層にまで注目されている理由の1つが価格だと思う。

90のスタートプライスは499万円。全車エアサス装備の110でも589万円からという現実的な設定なのである。

ディフェンダーは軍用車としても用いられたことがあるタフな経歴からメルセデスのGクラスと比べられることも多い。

だがプレミアムの極みでもあるアチラは安くても1237万円からと比べるべくもない。

現実的なライバルは価格帯が似ているジープ・ラングラーだけかもしれない。

とはいえどちらも熱烈なファンに支えられているので、比較買いではなく指名買いがほとんどだと思う。

とりあえず新型ディフェンダーは世界的に注文が殺到しているらしい。ちなみに90は来年春ごろ上陸と噂される。

シンプルであることを是とするディフェンダーだけに、こちらも大いに気になる1台だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事