【レース由来のスーパーカー】マセラティMC20 3.0L V6は630ps 2021年発売へ

公開 : 2020.09.11 09:09

自社開発のパワートレイン

パフォーマンスとデザインにも重点が置かれており、イノベーション・ラボのエンジニアと、パワートレインのスペシャリストが、プロジェクト初期から参加している。

近年、マセラティはフェラーリのテクノロジー、特にエンジンとパワートレインに大きく依存してきた。

マセラティMC20
マセラティMC20

しかし、フェラーリがFCA傘下から外れたため、マセラティは独自のエンジンの生産に戻り、MC20は20年以上ぶりに自社のパワートレインを搭載している。

マセラティのトライデント・ロゴにインスピレーションを与えたローマの神にちなんで、ネットゥーノ(ネプチューン)と名付けられたこの新しいエンジンは、モデナの新しいエンジン施設で開発された。

この3.0LツインターボチャージャーガソリンV6は、7500rpmで630ps、3000-5500rpmで74.4kg-mのトルクを生み出す。

新しいマセラティ・ツイン・コンビューション・ツインスパーク・イグナイトシステムも備えており、公式燃費は24.3mpg、CO2排出量は262g/kmを実現する。

8速デュアルクラッチ・オートマティックギアと、後部の自動ロック式メカニカル・リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを介して、後輪に動力が供給される。

エレクトリック・デファレンシャルは、オプションとなっている。

GT、ウェット、スポーツ、コルサ、およびすべてのコントロール機能をシャットダウンするESCオフの5つの走行モードが提供される。

カーボンファイバー、およびその他の軽量素材が多く採用されており、縁石重量は1500kg未満、1tあたり420psを超える出力重量比を実現している。

これにより、0-97km/h加速は2.9秒以内、0-200km/h加速は8.8秒を達成し、最高速度は325km/hを超えると言われている。

ダブルウィッシュボーン・サスペンション

MC20は、ダブルウィッシュボーン・サスペンションを特徴としており、フロントとリアの両方でバーチャル・ステアリング・アクスルを採用している。

20インチのタイヤを装着し、フロントにはブレンボ製の380x34mmの6ピストン・ブレーキ、リアには350x27mmの4ピストン・ブレーキを備えている。

マセラティMC20
マセラティMC20

ドライビング・ダイナミクスは、イノベーションラボによって初期の開発が行われた。

マセラティは、ダイナミックテストの97%を、バーチャル車両ダイナミクス開発シミュレーションソフトウェアを使用して行なうことにより、スケジュールの短縮を実現したと述べている。

MC20のサイズは、幅1965mm、高さ1221mm、長さ4669mmで、ホイールベースは2700mmとなっている。バタフライドアの採用により、乗り降りが容易だという。

インテリア

キャビンは、ドライバーの気が散らないよう、必要なものだけで構成されたインテリアとなっている。

10インチのデジタル・インストルメント・ディスプレイとマルチメディアシステム用の10インチスクリーンがある。

マセラティMC20
マセラティMC20

カーボンファイバーで覆われた中央コンソールには、ドライビング・モードセレクター、ワイヤレススマートフォンホルダー、インフォテインメントコントロール、など厳選された機能が備えられている。

イグニッションボタン、ローンチコントロールボタンを含む主なコントロール機能は、ステアリングホイールに備えられている。

トランクの荷室容量は100Lあり、さらにフロントには50Lのセカンダリ・ストレージ・コンパートメントがある。

MC20は、かつてグランツーリスモ、グランカブリオを生産していた、マセラティの歴史あるモデナ市ヴィアーレ・チーロ・メノッティ工場で、生産される。

生産開始は今年の終わりに予定されており、マセラティはすでにオーダーを受け付けている。

設計上、クーペとコンバーチブルのバリエーションが可能となっており、コンバーチブルは来年の発売が期待されている。

「完全な電動モデル」が設計されているとも言われているが、BEVバージョンが提供される時期や、そのパフォーマンスの可能性については、明らかになっていない。

ますます厳しくなるEUの排出量目標を達成するため、EVの投入が必要となってくると予想されている。

関連テーマ

人気テーマ