【価格/サイズ/航続距離は?】アウディeトロン・スポーツバック 9/17発売のSUVクーペ 日本のEV市場に参入

2020.09.17

eトロン・スポーツバック 充電

日本仕様のeトロン・スポーツバックの充電には、標準装備する家庭用の普通AC(交流200V/標準3kW、オプションで8kW対応)充電器と、主として公共の急速DC(直流)充電器とが対応する。

公共の充電設備としては全国の7800か所に設置されているCHAdeMO規格の急速充電器(出力50kWまで)が利用可能。

CHAdeMO規格の急速充電器(~出力50kW)で80%までの充電時間は1時間半。
CHAdeMO規格の急速充電器(~出力50kW)で80%までの充電時間は1時間半。

eトロン・スポーツバックの95kWh(正味容量は86.5kWh)のバッテリーを空の状態から80%までチャージするための所要時間は、50kWの出力で1時間半。

200Vの家庭用ケーブル/8kW環境での満充電には約11時間が必要となる。

アウディ ジャパンではeトロン・スポーツバックの導入にあわせて、eトロン・チャージングサービスを提供する(1年目のみ月会費の5000円と1分15円の従量料金が無料)。

このサービスに使う充電カードは、全国約7800か所の急速充電器のうち約86%をカバーする日本充電サービス(NCS)加入の充電器で利用可能。

普通充電を含めると、2万1700か所(2020年4月現在)の充電ステーションを利用できる。

eトロン・スポーツバック 日本価格

消費税込みの車両価格は、eトロン・スポーツバック・ファーストエディションが1327万円。

同バーチャル・エクステリアミラー仕様が1346万円となっている。

バーチャル・エクステリアミラー搭載車の車内。
バーチャル・エクステリアミラー搭載車の車内。

ステアリング位置は、いずれも右のみ。バーチャル・エクステリアミラー以外のスペックは変わらない。

eトロン・スポーツバックの購入に際しては約40万円の減税メリットを受けられ、これに加えて一般社団法人次世代自動車振興センターが交付する「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の該当車両のため、40万円の補助金を受け取ることができる。

またアウディ ジャパンでは家庭での普通充電器の設置費用をサポートするほか、自然電力株式会社との提携により、購入者には、自然エネルギー実質100%による電力を提供するプランを用意している(1年間、月額1000円の割引を提供)。

eトロン・スポーツバック 日本仕様スペック

eトロン・スポーツバック・ファーストエディション

税込み日本価格:1327万円
全長×全幅×全高:4900×1935×1615mm
ホイールベース:2930mm
車両重量:2560kg
乗車定員:5名
航続可能距離:405km(WLTC)
ギアボックス:2ステージプラネタリーギアボックス
最高出力(前):170ps(ブースト時:183ps)
最大トルク(前):25.2kg-m
最高出力(後):190ps(ブースト時:224ps)
最大トルク(後):32.0kg-m
システム最高出力:360ps(ブースト時:408ps)
システム最大トルク:57.2kg-m(ブースト時:67.7kg-m)
駆動方式:電動四輪駆動
最高速度:200km/h(リミッター)
0-100km/h加速:6.6秒(ブースト時:5.7秒)
最低地上高:172mm(リフト時:222mm)

eトロン・スポーツバックと日本法人のフィリップ・ノアック社長。
eトロン・スポーツバックと日本法人のフィリップ・ノアック社長。

 

人気記事