【上級志向の市場へ特化】BMW 5シリーズ 中国市場向けのロングボディ発表 北京モーターショー2020

公開 : 2020.09.26 12:25  更新 : 2020.09.26 12:47

BMWは、9月26日に開幕した北京モーターショー2020で、G30型5シリーズの中国市場向けロングボディを発表しました。市場要求に合わせ、リアシートの快適性を高め、上級志向のオプションが選べる点も特長です。

ホイールベースを130mm延長

translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
BMWは、9月26日に開幕した北京モーターショー2020で、G30型5シリーズの中国市場向けボディを発表した。

BMW 5シリーズは2019年に中国市場で17万4000台を販売する、ヒットモデル。特別な市場要求を満たすために、ロングホイールベース版が設定された。

BMW 5シリーズ ロングホイールベース版(中国仕様)
BMW 5シリーズ ロングホイールベース版(中国仕様)

中国市場ではクルマの視覚的な存在感と、快適性が重要視されるとするBMW。ロングボディでは、ホイールベースが130mm延長され、3105mmとなっている。

車内空間は通常ボディより余裕を増し、リアシートの足元周りで恩恵が大きい。インテリアデザインも人間工学を重視され、新しいヘッドレストなど快適性も高められている。

上級志向なオプションとして、スカイラウンジ・グラスルーフや、2面のチルト式タッチモニターを備える、後部座席用のインフォテインメント・プロフェッショナルと呼ばれるシステムも選べる。アンビエントライトなどもオプションで選択が可能。

PHEVの535Leなど中国専用グレードも

ボディデザインは、中国市場向けモデルとして他市場と差別化。燃費効率の向上も図られ、運転支援システムやネットワーク技術の搭載も特徴となっている。

新しく追加となったBMW 535Leでは、296psのプラグイン・ハイブリッドを採用。燃費は66.6km/Lで、CO2の排出量は36g/kmとなる。これは、中国市場でのみの提供となる見込みだ。

BMW 5シリーズ ロングホイールベース版(中国仕様)
BMW 5シリーズ ロングホイールベース版(中国仕様)

また市場の要求に合わせ、コネクティビティも実装。インフォテイメント・システムやデジタルコ・クピットを稼働する、最新のBMWオペレーティング・システム7を搭載する。システムのグラフィックは新しくなり、音声認識機能も強化された。

なお現行のG30型BMW 5シリーズは、2020年7月にマイナーチェンジを受けている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW 5シリーズの人気画像

×