【詳細データテスト】トヨタ ・ヤリス 内外装ともデザイン個性的 操縦性/乗り心地、進歩 17インチは避けたい

公開 : 2020.10.04 11:50  更新 : 2021.01.28 16:42

操舵/安定性 ★★★★★★★★☆☆

コンパクトカーにおけるハンドリングとスタビリティのよさは、ほかのクラスのクルマにおけるそれとまったく同じではない。

なぜなら、コンパクトカーのセグメントで記憶に残るハンドリングマシンというのは、意図的にスタビリティを犠牲にして、楽しめるハンドリングを実現しているからだ。短いホイールベースと狭いトレッドをうまく活かして、最廉価仕様であっても熱中できて満足感のある走りを生み出している。現行フィエスタは、まさにそういうクルマだ。

運動性は安定志向で、シャープなハンドリングの持ち主ではない。しかし、ベーシックな仕様はじつにしなやかさで、懐の深さを感じさせる。脚の硬い17インチ仕様より好ましく感じる。
運動性は安定志向で、シャープなハンドリングの持ち主ではない。しかし、ベーシックな仕様はじつにしなやかさで、懐の深さを感じさせる。脚の硬い17インチ仕様より好ましく感じる。    JOHN BRADSHAW

その点、ヤリスはフィエスタほど熱いクルマではない。スタビリティ方面に振りすぎな感がある。それでも、そのつつましやかなルーツからすれば驚くほどハンドリングは冴えている。

ハードなサスペンションの17インチ仕様車もあるが、テスト車はソフトなスプリングを備える16インチ仕様。ラインナップ中でもっともシャープなバージョンではないし、ましてやGRヤリスなら別次元のドライビングを楽しめるだろう。

ところが今回のヤリス、シャシーバランスはニュートラルで、グリップレベルはトレッド拡大が効いて、低フリクションのコンチネンタルを履く割には強力だ。

走りはじめてすぐにわかるのは、新型プラットフォームを得た4代目ヤリスが、一般ドライバーの多くがまずやらないような激しい走りをしても楽しめ、しかも落ち着きを失わないことである。

その安定感に貢献しているのがステアリングだ。このクラスで時折みられるようなあからさまにレスポンスを高めたものではないが、このクルマの総合的なロールレートによくマッチしている。

トヨタによれば、ねじり剛性は先代比で40%近く増強しているという。これは主に、ダッシュボードサポートなど骨格部の構造見直しと、溶接スポットの増加によるものらしいが、その数字を疑う理由はみつけられなかった。

結局のところ、スタンダードな仕様のヤリスは、コンパクトなドライバーズカーとして、引き出し切れないくらいのポテンシャルを秘めている。際立って光るものがあるわけではないが、幅広い速度域ですばらしい安定ぶりを示し、このクルマに適した道を走っていればしみじみと満足感を味わえる。

関連テーマ