【それでも魅力的】ホンダe試乗 航続距離300km未満、価格451万円~ 走りのEV、その評価は?

公開 : 2020.10.06 11:50

ホンダの電気自動車、ホンダeに試乗。さまざまな制約はあるものの、「それでも魅力的」とレポートされています。乗り心地、コーナリングを検証しましたが、走りの性能でもっとも印象的なのは加速力だとか。

どんなクルマ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Masanobu Ikenohira(池之平昌信)

走らせて楽しく、さりとて好事家限定でもなく、肩肘張らずにホンダらしい「わくわく」を楽しませてくれるのがホンダe。

車名に「ホンダ」を冠するのも納得できる。

ホンダeアドバンス
ホンダeアドバンス    池之平昌信

とはいえ開発の背景の1つにEUでのCAFE規制という大人の事情があるのは違いなく、その辺りはけっこう理性的だ。

規制値を燃費で示すならガソリン車なら24.4km/L以上、ディーゼル車では27.1km/L以上。あまりに高いハードルである。

ここに二酸化炭素排出量「0」のEV(電気自動車)を投入すれば、計算上はEV1台売れば12km/Lのモデルなら1台、16km/Lなら2台販売してもノーペナルティ。

販売台数を稼げるEVの投入は、自動車メーカーにとっては死活問題。EVとしては手頃な価格で、実用コスパのハンデを背負ってなおかつ魅力的なクルマは必須。ホンダeはその回答でもある。

ホンダeは、ファーストカーとしての汎用性を求めていない。

WLTCモードに於ける航続距離は標準車が283km、上級設定のアドバンスが259km。タウンコミューターという程でなくても短中距離用途向けの航続距離であり、一般的なファーストカー用途には厳しい。

言い方を換えるならばHV(ハイブリッド)も含む内燃機系車種の代替は狙っていない。インフラなどの現状も考慮して、用途を絞って中身を濃くしたのがホンダeなのだ。

どんな感じ?

エヌサンの薫りも漂う2BOXフォルム。FF車のように見えるが駆動方式はモーター位置ではRR。

もっとも駆動に関わる電装系は前後に配置されるので、RRともミドシップとも言い難いのだが、ホンダMM思想を感じさせるレイアウトである。

ホンダeアドバンス
ホンダeアドバンス    池之平昌信

当然、ホンダ車の現行ラインナップに同様のプラットフォームはなく、ホンダeのために起こされたもの。

安上がりにするならe:HEVから内燃機系を取っ払ってしまえばいいのに、とも思うのだが、RRレイアウトによる後輪駆動ユニットは、例えばe:HEVベースのハイブリッドSH-AWDなど電動4WDへの展開もあり、ハードや技術の転用も見据えたものとのこと。

つまりシャシー/駆動系の先行技術開発車でもあるのだ。

フットワークは、RRあるいはミドシップらしい味わい。鼻先軽く回頭し、グッグッとリアに荷重が乗るような挙動が印象的。

だからといって、切れ味鋭く回り込むハンドリングではない。応答遅れ少なく、反応量は過不足なし。早い時期に後輪荷重を立ち上げるので、少ない挙動で綺麗にラインに乗る。

加速しながらコーナーから立ち上がるのがとても心地いい。

こういった特性を幅広い速度域で維持するのも見所。この辺りはS660も思わせ、アジャイルハンドリングアシストの効果も大きいのだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事