【RS4やC63を超える仕上がり】アルピナB3 ツーリングへ試乗 M謹製6気筒採用

公開 : 2020.10.12 10:20  更新 : 2021.01.30 21:38

BMW M340iツーリングに対するアルピナの回答として登場した、462psを発揮するスーパー・ステーションワゴンのB3。上質さと獰猛さを兼ね備え、驚異的な走りを実現しています。英国編集部が一般道で評価しました。

もくじ

アルピナが与えた鋭い操縦性と荒々しさ
最高出力462ps、最大トルク71.2kg-m
滑らかな乗り心地と高い適応力
バランスが良く、落ち着きがあり、まとまりがいい
クラスのトップモデル最有力
アルピナB3 ツーリング(英国仕様)のスペック

アルピナが与えた鋭い操縦性と荒々しさ

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
アルピナのラインナップの中で、最新のB3 ツーリングはイチオシ。アルピナのこれまでを知っていれば、突飛な主張には聞こえないだろう。

B3 ツーリングは、すでに白眉のBMW M340iへ、アルピナ流の徹底的なアップデートが施されている。実際は、それ以上の仕上がりでもある。

アルピナB3 ツーリング(英国仕様)
アルピナB3 ツーリング(英国仕様)

アルピナが目指すところは、現実世界でM3に並ぶ俊足モデルを生み出すこと。一般道でのマナーやドライバビリティは向上させつつ、ルックスには大きな手は加えられていない。

アルピナB3には、ステーションワゴンのツーリングと、サルーンが用意される。ニュルブルクリンクでABSなどの微調整も受けているが、一般道重視のセットアップだ。

もちろん一般道とは、ドイツ郊外の道。区間によっては速度制限のないアウトバーンなら、300km/hでも走れる。

新しいB3の特長の1つが、サーキットに対する親和性。Mモデルが備えても良い、鋭い操縦性とワイルドさ。ステーションワゴンをサーキットで走らせるなど、あまり耳にしないかもしれないけれど。

高速域での自然なステアリングフィールと安定性を高めるため、サスペンションは全面的に見直しが加えられている。ブレーキもアップグレードされ、アルピナ定番といえるスポークホイールを装備する。

空力を向上させるボディキットも忘れない。リアのLSDや、前後タイヤ間のトルク分配の制御にも、アルピナ独自のチューニングが施されている。

最高出力462ps、最大トルク71.2kg-m

新しいB3は、四輪駆動のみ。後輪駆動が選べず、がっかりしないで欲しい。

アルピナによれば、毎日乗れるスーパーカーといえるカテゴリーでは、後輪駆動の人気は高くないようだ。特にドイツで。安定性やトラクションで、四輪駆動は有利だからだろう。

アルピナB3 ツーリング(英国仕様)
アルピナB3 ツーリング(英国仕様)

エンジンルームに潜むのは、通常の3シリーズで選べる直列6気筒ではなく、Mディビジョンが手掛けたエンジンのアップデート版。S58型と呼ばれるユニットで、X3 Mに搭載されている。最新のM4にも採用される。

2993ccの直列6気筒ツインターボに、アルピナ独自のターボをドッキング。冷却系統も全面的に強化された。

B3の最高出力は462psで、最大トルクは71.2kg-m。太いトルクに対応するため、ZF社製の8速ATとドライブシャフトは強化されている。

ちなみにM3コンペティションの場合、510psと64.7kg-m。0-100km/hの加速時間は両車ともに3.8秒だ。

運転してみると、BMWがアルピナへ素晴らしいベースを提供していることを実感する。同時にB3は、全面的に深く煮詰められていることもわかる。

BMW 3シリーズ・ツーリングは、高速なファミリーカーとして理想的なサイズ感にある。車内空間は充分に広く、走行中は熟成された雰囲気を感じ取れる。それがB3にも反映している。

英国の郊外の街では、BMW 5シリーズ・ツーリングは、少々大きく感じる場面がある。V8エンジンを積んだB5ツーリングも同様だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事