【世界初の量産V6を搭載】ランチア・アウレリアとフラミニア 評価のわかれたクーペ 後編

公開 : 2020.10.24 16:50  更新 : 2020.12.08 08:41

不思議に強く惹かれるフラミリア

筆者の場合、アウレリアよりもフラミリアの方に強く惹かれてしまう。理由はわからない。2台の間には、現在の取引価格で10万ポンド(1340万円)ほどの差がある。

フラミリアへの共感は、歴史的な背景以上の部分が含まれている。手に負えない高価なクルマだからといって、否定的に見ているわけではない。

ランチア・アウレリアB20 GT S6/ランチア・フラミリア・クーペ 2.8
ランチア・アウレリアB20 GT S6/ランチア・フラミリア・クーペ 2.8

おそらく、フラミリア・クーペの方が、筆者の育った年代のランチアなのだろう。ブランドへのイメージが湧きやすい。

ただし、ここにランチア・アウレリアB24スパイダーが並んだら、考えも変わるかもしれない。クルマを評価する気持ちは、人それぞれなのだ。読者の場合はいかがだろうか。

ランチア製クーペ 2台のスペック

ランチア・アウレリアB20 GT S6(1957年〜1958年)のスペック

価格:新車時 3346ポンド/現在 15万ポンド(2010万円)以下
生産台数:424台
全長:4369mm
全幅:1549mm
全高:1359mm
最高速度:177km/h
0-97km/h加速:14.0秒
燃費:8.5km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1310kg
パワートレイン:V型6気筒2451cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:119ps/5000rpm
最大トルク:18.4kg-m/3500rpm
ギアボックス:4速マニュアル

ランチア・フラミリア・クーペ 2.8(1963年〜1967年)のスペック

価格:新車時 3388ポンド/現在 4万5000ポンド(603万円)以下
生産台数:2153台
全長:4674mm
全幅:1727mm
全高:1422mm
最高速度:178km/h
0-97km/h加速:12.7秒
燃費:5.7km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1520kg
パワートレイン:V型6気筒2775cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:138ps/5400rpm
最大トルク:22.4kg-m/3000rpm
ギアボックス:4速マニュアル

 

人気記事