【ボルボ初の純EVは407ps】ボルボXC40 リチャージP8へ試乗 航続距離418km

公開 : 2020.10.20 10:20

圧倒的なパワー感と安楽な乗り心地

反面、圧倒的なパワー感と安楽な乗り心地という組み合わせで、筆者はベントレー的な雰囲気も感じた。少し予想外の印象だった。

アクセルペダルだけで発進から停止までを制御できる、ワンペダル・ドライブ・モードも選べる。アクセルペダルを離すと、強力な回生ブレーキが働く。渋滞時のように低速で発進と停止を繰り返す場面では、やや設定が過敏なようだ。

ボルボXC40 リチャージP8 ファースト・エディション(欧州仕様)
ボルボXC40 リチャージP8 ファースト・エディション(欧州仕様)

それ以外、惰性走行や回生ブレーキの効き、ブレーキペダルを踏んだときの減速感などは自然。車線維持支援システムも付く、パイロット・アシスト・クルーズコントロールは、渋滞時に非常に役立ってくれる。

このXC40 リチャージP8は、ボルボ最新のインフォテインメント・システムを搭載する。アンドロイド・ベースで、大きいモニターに美しいアイコンが並ぶ。アプリも豊富で、直感的な操作ができる。

量産前の試乗車では、グーグルの力を借りても、ナビゲーションはベストのシステムには及んでいないと感じた。ズームアウト時の地名表示や、細い線による道路表示などは、改善できそうだ。ボルボによれば、まだ完成版ではないという。今後に期待したい。

ブランド初となる純EVのXC40 リチャージP8は、現時点では技術的なフラッグシップにある。だたし、動的性能は自然な走りに求める以上に高く、価格も高い。

電動化を進めるボルボ。2025年までにボルボの販売台数の半数を、純EVにしたいと考えている。より安価で穏やかな仕様が登場すれば、多くの人に受け入れられるだろう。

ボルボXC40 リチャージP8 ファースト・エディション(欧州仕様)のスペック

価格:5万9985ポンド(803万円)
全長:4425mm
全幅:1851mm
全高:1652mm
最高速度:180km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.9秒
航続距離:400-418km
CO2排出量:0g/km
乾燥重量:2188kg
パワートレイン:ツインAC永久磁石同期モーター
バッテリー:78kWh
最高出力:407ps/4350-1万3900rpm(システム総合)
最大トルク:67.2kg-m/0-4350rpm(システム総合)
ギアボックス:−