【知床をクラシックカーで】トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ、万全の感染対策で開催

公開 : 2020.10.15 11:54

優勝はベントレーを駆る二宮組

3日間で1100km余りを駆け抜け、16のPC競技にアタックした結果、総合優勝は1935年ベントレー3.5Lに乗る二宮組が勝ち取った。

近年常勝の横田組は1923年フォード・モデルTで挑んだが、惜しくも2位に甘んじている。3位には1959年トライアンフTR2を駆る小宮組が獲得した。

16のPC競技を終えて最も規定タイムに近く走ったのは、1935年ベントレー3.5Lを駆って今回初出場となる二宮組だった。
16のPC競技を終えて最も規定タイムに近く走ったのは、1935年ベントレー3.5Lを駆って今回初出場となる二宮組だった。    五十嵐飛鳥

どんな困難でも打ち負かしてきたタツィオ・ヌヴォラーリだけに、その気概から新型コロナウイルス感染症もきっと打ち負かしてくれるに違いない。

来年は感染症が終息して、いつものように初夏の北海道で盛大に開かれることを祈りたい。

関連テーマ