【ハードなレース仕様に】次期ポルシェ911 GT3 RS、プロトタイプを発見 ニュルブルクリンク

公開 : 2020.10.15 21:40

新型ポルシェ911 GT3 RSのプロトタイプがニュルブルクリンクで目撃されました。アグレッシブなエアロパーツを多数装着し、サーキット走行に特化しています。エンジンは4.0Lフラット6が搭載されます。

巨大なリアウイングが特徴的

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ポルシェは992世代の911のバリエーションを積極的に展開している。なかでも最もサーキットに焦点を当てた新型GT3 RSがニュルブルクリンクに登場した。

今年の初めには公道でプロトタイプが目撃されているが、今回はマクラーレン620Rのライバルとして全力でアタックしている様子が撮影された。デビューは2021年になる可能性が高い。

ポルシェ911 GT3 RS(プロトタイプ)
ポルシェ911 GT3 RS(プロトタイプ)    AUTOCAR

このモデルが普通のGT3ではないことは、特注のマウントを備えた巨大なデュアルウイングスポイラーを見れば一目瞭然だ。本格的なレーシング仕様の911と同等のダウンフォースを発生させることを目的としている。

また、リアバンパーのデザイン(ディフューザーエレメントを採用)やセンター2本出しのテールパイプなども標準モデルとの違いとして挙げられる。ボンネットとフロントバンパーに設けられた冷却用の通気口や、フロントスプリッターの大型化なども特徴的だ。

新型GT3 RSの性能についての詳細はまだ明らかにされていない。しかし、昨年、991世代の911スピードスターに初めて搭載された自然吸気4.0Lフラット6エンジンを使用することがわかっている。

510psと47.8kg-mを発揮し、9000rpmまで回る。トランスミッションはマニュアルだ。標準のGT3がそれに近いモデルになると予想されているが、先代のGT3 RSが520psを出していたことを考えると、新型ではさらに出力を引き上げて登場すると思われる。

その他の装備としては、911カップレーサーに近い仕様のローズジョイントサスペンションなどが期待されている。インテリアは軽量化のために簡素化され、販売されている911の中で最も軽量なモデルの1つとなる可能性が高い。

GT3 RSが発表される前に、新型GT3を見ることができるだろう。パンデミック関連の遅れを考えると、GT3のデビューは2021年初頭になりそうだ。そのため、確定ではないが、来年の後半にはGT3 RSが登場すると思われる。

 

人気記事