ミニ・カントリーマンよりも大型のSUVを計画

公開 : 2013.11.26 18:00  更新 : 2017.06.01 02:14

セールス・アンド・マーケティングのボス、イアン・ロバートソンによれば、新しい第3世代のミニのスピンオフ・モデルとしてカントリーマンよりもより大型のSUVを考えているという。

「小型車のセグメントは、他のセグメントよりも2倍の成長率がある。もちろんチャンスがそこにあるということだ。そして、そのチャンスを狙ったモデルは、あなたを驚かせることになるかもしれない。」とコメントしている。

「カントリーマンの全長は4170mm。われわれはカントリーマンを生産開始した時には、ミニ・ブランドに忠実であるべきだと考えていた。しかし、1年につき100,000台のカントリーマンをセールスし、それが成功したことを知った。もちろん、ミニのサイズのリミットがあるとは考えている。5mのミニを造るつもりはない。しかし、小回りの効く、シティ・ラナバウトとして適切なサイズであれば、ミニとして販売することは可能だ。」と語っている。

「但し、そのモデルは完全にもうひとつのプラットフォームを必要とする。それは簡単なことではないが、決して無理な話でもない。」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事