【ル・マン優勝マシンを市販?】ポルシェ919ストリート(2017年) ミュージアム所蔵モデル公開

2020.11.22

サマリー

ポルシェ・ミュージアムが所蔵する、コンセプトモデルやデザイン案が公開されました。その1つが、ポルシェ919ストリート。3度のル・マン優勝を果たしたLMP1プロトタイプの、限定市販を前提としたコンセプトモデルです。

もくじ

ル・マン3年連続優勝という偉業
裕福な紳士のためのル・マン優勝マシン

ル・マン3年連続優勝という偉業

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
21世紀で最も速く、成功したプロトタイプ・レーシングカーの1台となるのが、LMP1のポルシェ919ハイブリッド。ポルシェのモータースポーツ活動における、新しいチャプターを飾るクルマでもある。

2015年から2017年の3年連続で、ル・マン24時間レースで総合優勝を果たしている。まだ記憶に新しい。

ポルシェ919ストリート(2017年)
ポルシェ919ストリート(2017年)

この偉業を締めくくる目的で、2018年にレーシングドライバーのティモ・ベルンハルトがニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを走行。5分19秒55というラップレコードを残した。

裕福な紳士のためのル・マン優勝マシン

その後ポルシェは、LMP1カテゴリーからの撤退を発表。デザイナーのミヒャエル・マウアーと、デザインチームは、新しいアイデアを生み出した。919ハイブリッドのサクセスストーリーを記念する、限定モデルだ。

ポルシェ919ストリートは、既存の技術をベースに構築。LMP1の鮮烈なドライビング体験を、アマチュアドライバーに提供することが目指された。

ポルシェ919ストリート(2017年)
ポルシェ919ストリート(2017年)

ボディの内側には、カーボンモノコック構造と、900psのハイブリッド・ドライブトレインが宿る。919をル・マン優勝へと導いたものだ。ボディサイズやホイールベースも、レースカーと一致する。

当初は限定生産として、少量生産も視野に入っていた。公道での認可は得ずに。

しかし、高度なレーシング・テクノロジーは、複雑でもある。LMP1レーシングマシンの場合、専門のメカニックが関わっても、エンジンを始動するまでに45分も準備が必要となるほど。

もしアマチュアドライバーへ販売すれば、世界中のサーキットへ専門メカニックを派遣する必要が出てくる。裕福な紳士のためのル・マン優勝マシンというアイデアは、美しい夢に留まることになった。

 

人気記事