日産エクストレイルを発売

2013.12.11

日産自動車はフルモデルチェンジしたエクストレイルを12月16日より発売する。

エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しむ若者をターゲットとした本格SUV。ALL MODE 4×4-iに世界初採用のシャシー制御技術を搭載していることが今回の注目点だ。また、日産初採用のエマージェンシーブレーキをはじめとした安全装備の充実と、インテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターを設定などがされている。

ヒルスタートアシスト、アドバンスドヒルディセントコントロール、ヨーモーメントコントロール機能を搭載したALL MODE 4×4-iを継承しながら、世界初となるアクティブライドコントロール、アクティブエンジンブレーキ、コーナリングスタビリティアシストといった技術を全車に採用している。

エンジンは、2.0ℓ直列4気筒の直噴MR20DD型を搭載。アイドリング・ストップ機能が装備される。また、新型エクストロニックCVT、走行抵抗の低減、軽量ボディなどの低燃費技術により、16.4km/ℓの低燃費を実現している。

このほか、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報、進入禁止標識検知をパッケージにした“エマージェンシーブレーキ パッケージ”グレードを設定し、更にはBSW(後側方車両検知警報)やふらつき警報もオプションとして設定している。

価格は2,249,100円から2,797,200円まで。

関連テーマ

 
最新国内ニュース