アウディR8 e-トロンを限定生産か

公開 : 2013.12.13 21:00  更新 : 2017.06.01 02:14

アウディは一旦EVスーパーカー、R8 e-トロンの生産を諦めたというニュースが流れたが、一転して今度は限定生産する方向に動き出しているという。これは、ウルリク・ハッケンバーグが新しい研究開発部門のヘッドになったことも関係するようだ。伝えられるところによれば、リチウム・イオン電池の進歩によって、その航続可能距離が215kmから400kmに伸びたというのがその最も大きな原因。その結果、2014年後半を目処に限定ながら生産を行うことにゴーサインが出たようだ。

生産されるR8 e-トロンは、新しい第2世代のR8のスタイルになるのか、現行R8のスタイルになるのかは現時点では不明。しかし、そのベースは新しい第2世代のR8のアルミニウム&カーボンファイバー・シャシーが使われるようだ。

R8 e-トロンは、376bhpのパワーと83.6kg-mのトルクを持つ電気モーターを搭載。0-100km/hが4.2秒をマークするスーパーカーだ。ただし、最高速度は200km/hである。

▶ 海外初試乗 / アウディR8 e-トロン

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事