【限定モノ 続々登場】ジープ・ラングラー「サージグリーン」 チェロキー/コンパス「Sモデル」 80周年記念車も予告

公開 : 2020.12.21 06:15

限定車 コンパスSモデル

一方のコンパスSモデルでは、ブリリアントブラッククリスタルのボディに、ブラックフロントグリル、グラナイト仕上げのフォルランプベゼルとウィンドウモールディング、ダークグレールーフレールを装着。

さらにSモデル専用バッチを含めたエンブレム類もグラナイト仕様に。

同じく100台限定で発売されたコンパスSモデル
同じく100台限定で発売されたコンパスSモデル

足元のアルミホイールは、インチアップされているが、チェロキーとは異なるデザインの19インチ・ホイールが装着される。

インテリアでは、インフォテイメント周囲を飾るガンメタルインテリアアクセントやグレーステッチ、裏表で生地が異なるリバーシブルカーゴマットなどが装備されている。

メカニズムは、ベース車共通となり、自然吸気仕様の2.4Lエンジンに9速ATを組み合わせた4WD車となる。

コンパスSモデルの価格は439万円。限定台数は、こちらも100台だ。

他業種同様に、新型コロナウィルス流行による影響を受けた自動車業界だが、FCAジャパンでは、ジープ、フィアット、アバルト、アルファ・ロメオの4ブランドの月販台数が、10月と11月の2か月連続で単月での販売台数が過去最高を記録するなど、いち早く回復を見せる。

その牽引役となっているのが、ジープだ。FCAジャパン全体の11月の販売台数では、全ブランドが対前年比を上回ったが、そのうち約58%を占めるのがジープで、前年比+28%となる1272台を記録している。

80周年を迎える2021年は、特別仕様車の投入に加え、魅力的なプランも予想できるだけに、来年はさらなる飛躍の年となるかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事