【ポルシェ感、ある?】ポルシェ初のEV「タイカン」に試乗 クルマの家電化を覆すキャラクター健在

公開 : 2020.12.30 17:45  更新 : 2021.10.11 13:37

ポルシェ・タイカン・ターボの試乗記です。「EVはぜんぶ一緒?」なんて疑念を、最初から覆しました。たしかに「ポルシェの味」が存在したのです。

抑揚にドキッ! タイカン、4ドア版911?

photo:Masakatsu Sato(佐藤正勝)

ポルシェ初のフルEV、タイカンが日本の路上を走りはじめている。

原宿駅近くに期間限定でオープンしていた「ポルシェ・タイカン・ポップアップ原宿」で実車と対面した。

ポルシェ・タイカン・ターボ
ポルシェ・タイカン・ターボ

水色のタイカンはボディに抑揚があり、パナメーラよりもダイナミックな印象。

バッテリーは床下に仕込まれているはずだがEVにありがちな腰高感はなく「未来の911を4ドア化したような」という表現がよく似合う。

ポルシェ濃度がかなり濃いように思えた。

今回の試乗車はコーヒーベージュメタリックというボディカラーがお洒落なタイカン・ターボだった。

ターボといっても、もちろんEVに過給機は必要ない。つまり「TURBO」はポルシェ伝統のグレード名である。

タイカンのグレード構成は、旗艦のターボS、中間グレードのターボ、そしてベーシックな4Sとなっている。今回のターボは中間とはいっても前後モーターによるパワーの総計は625psにもなる。

さらにローンチコントロールを使うと瞬間的にカイエン・ターボS Eハイブリッドと同じ680psに達するらしい。

だがガソリンのターボ車と比べれば、EVの680psははるかにジェントルに違いない。臆することなく走りはじめてみよう。

見た目の質感も操作感も全身ポルシェ

水平基調のダッシュパネル、そしてドライバーの真正面にレヴカウンターならぬ「パワー/スピードメーター」が大きく主張するあたりは911のそれを思わせる。

MT車であればシフトレバーが生えるであろう場所にドリンクホルダーの穴が開いているのは拍子抜けだが、内装で気になるのはそれくらいだ。

ポルシェ・タイカン・ターボ
ポルシェ・タイカン・ターボ

発進前にバッテリー残量をチェックすると96%あった。これに対する走行距離は368km。満充電時の航続距離は383-452kmなので、暗算によればその計算は合っているようだった。

都内のノロノロ運転で車内が極めて静かなのはEVなので当然である。一方ボディのカッチリした感じや、摺動部に硬めのオイルが注してあるような操作感はポルシェそのもの。

けっこうな昔、初めてポルシェをドライブした時(新車の993カレラだった)に似た「いいモノ感」がひしひしと伝わってきた。

首都高に乗り少しペースが上がると、それに比例していい物感も上がる。

かつて911は体感速度より実際のスピードが速くて驚かされたが、平静を装っているタイカンもこちらが感じた2割り増しくらいのスピードを提示してくる。

これまで試乗したフルEVと違ったのはスロットルのマナーだった(?)。

記事に関わった人々

  • 佐藤正勝

    Masakatsu Sato

    1964年生まれ。1984年東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、八重洲PRセンターに入社。86年にF1/ルマン24時間を撮影後何かのスイッチが入ったらしく退社。フリーとなり国内外のレースを撮影。91年に撮影したDTMで、また何かのスイッチが入ったらしくどっぷりドイツ漬けに。現在は撮影のみならず、CS放送でのレース解説や雑誌への執筆も。
  • 吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ タイカンの人気画像