フォルクスワーゲン・パサート

公開 : 2014.01.15 19:40  更新 : 2017.06.01 02:14

フォルクスワーゲンは、パサート・サルーンの北米スペックに1.4ℓのガソリン・エンジン・モデルを投入する。パサート・ブルーモーション・コンセプトとして、デトロイト・モーターショーに出展した。

北米市場で果たして小型エンジンを搭載した大きなセダンが受け入れられるかをテストするもの。DA211ダイレクト・インジェクション4気筒ユニットは、アイドリング・ストップ機能を持ち、DSGオートマティックに組み合わせられる。148bhp、25.4kg-mのパワー、トルクを持ち、燃費は17.7km/ℓという。

また、このパサート・ブルーモーション・コンセプトに使用されるブルー・メタリックは、北米スペックのパサートに拡大採用される予定だという。

関連テーマ