【スピードの限界に挑む】自動車メーカー最速モデル 31選 スーパーカーばかりではない

公開 : 2021.01.29 20:05

ヘネシー・ヴェノムF5 – 500km/h

ヘネシーの名は最高速度記録を追う人にとってはおなじみだが、ヴェノムF5は地球上で最も速いクルマになることを目標に設計されている。最高速度500km/hというのは、とてもキリのいい数字だ。

動力源はヘネシー社製の6.6L V8フューリーエンジンである。ツインターボで1842psを発生させ、車両重量は1360kgに抑えられており、パワーウェイトレシオは1.35ps/kgとなっている。カーボン製のボディは、最高速度を引き出すために空気抵抗の少ないデザインが採用されている。最高速度王者であるマクラーレンF1と同様に、F5のエンジンベイには遮熱のための金箔が敷き詰められている。

ヘネシー・ヴェノムF5
ヘネシー・ヴェノムF5

ホンダNSX – 307km/h

ホンダはシビック・タイプRでホットハッチの最高速度を272km/hという驚異的な領域にまで引き上げたが、同社の四輪車としてはNSXが最速だ。さすがは技術革新を重視するホンダだけあって、NSXにはハイブリッド・パワートレインが搭載されている。

3.5L V6エンジンに3基の電気モーターを組み合わせ、合計580psを発揮。最高速度は307km/hに達する。こうしたパワーと電気モーターのアシストにより、0-97km/h加速を3.3秒で駆け抜けることができる。

ホンダNSX
ホンダNSX

ジャガーFタイプRクーペ – 300km/h

ジャガーFタイプRに唯一欠けているのは、現在は廃止されたSVRの無制限の最高速度だ。クーペのSVRが320km/hを出していたのに対し、Rクーペは300km/hでリミッターがかかる。パワートレインは575psの5.0L V8スーパーチャージャーを搭載している。

Rクーペは、最高速度ではSVRに及ばないとしても、加速力では負けていない。0-97km/h加速3.5秒というこのモデルは、発売されているジャガーの市販車の中では最速と言っても過言ではない。

ジャガーFタイプRクーペ
ジャガーFタイプRクーペ

キア・スティンガー – 270km/h

270km/hという最高速度は、特に珍しいものではないが、スティンガーがファミリー向けのセダンであることを考えると事情は変わってくる。スティンガーは、366psを発揮する3.3L V6ターボエンジンを搭載。8速ATを介して後輪を駆動する。

アウトバーンを走るには十分な速度で、ファミリーカーとしても十分に機能する。スティンガーは運転しやすく、0-97km/h加速をわずか4.7秒でカバーしている。

キア・スティンガー
キア・スティンガー

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像