【コスト度外視のスポーツカーたち】内燃機関の火が消える前に 技術の粋を味わえる3台 後編

公開 : 2021.03.06 21:45  更新 : 2021.03.10 09:35

完全無欠のエンジニアリング

どの回転域でも3気筒のワンダフルな振動と、エンジン音の強弱が味わえる。比較的大きなシングルスクロールターボを1基備えるのみなので、低回転からのレスポンスでほかを凌ぐことはないが、いったん2500rpmを超えれば、レッドラインまでスッキリ回る。

かつてスバルがインプレッサWRXでみせたほど熱狂的なブーストの効きではないが、病みつきになるほど楽しいという点では肩を並べる。B級道路を遊び尽くせる速さが、このクルマにはある。

内燃エンジンを堪能できるうちに買っておくべき、いずれ劣らぬクルマたち。三者三様にして、3台ともが勝者に値するというのが、今回の結論だ。
内燃エンジンを堪能できるうちに買っておくべき、いずれ劣らぬクルマたち。三者三様にして、3台ともが勝者に値するというのが、今回の結論だ。    Olgun Kordal

こうしたラリースペシャルらしく、デフはクレバーに機能する。通常時の前後トルク配分は60:40だが、トラックモードでは50:50となる。だが、もっともうれしいのは、スポーツモードの30:70だろう。

スポーツモードを選べば、ウェットでもドライでも、みごとなほど夢中になれるクルマになる。理性を捨てて思い切りドライビングできるのだ。インプレッサや三菱ランサーエボリューションのように、スロットルベタ踏みでタイトにラインをトレースするような目覚ましいテクニックはないものの、しっかりグリップした走りは、最新のクルマの中でも稀有なレベルにある。

ほかの2台にも同じことはいえるが、コストや手間を省くこともできただろうに、そうはしなかった。この3台を際立ったものにしているのは、完全無欠のエンジニアリングだ。

たしかに、量販モデルの内装パーツを流用するような妥協点は見受けられるが、そこは目をつぶれるだろう。凝ったウインカーレバーやダイヤモンドをちりばめたスイッチでインテリアのオリジナリティを演出していても、ハンドリングが腰抜けではしょうがない。

そこで、オートカーとしてはお願いしたい。すぐにでもこれらのクルマを購入していただきたい。メーカーのコスト計算担当者の鼻を明かしてやろうではないか。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事