【5.0L V8のSLCでラリー】メルセデス・ベンツ450 SLC 5.0 隠れたホモロゲーション・スペシャル 後編

公開 : 2021.03.27 17:45

過去の輝きを知るほど驚く現在の価格

3速ATは、1970年代のクルマとして優れている。レスポンスはシャープで、トルクコンバーターがパワーを無駄にしていない印象を受ける。活発な走りを引き出すように、高回転域まで扱ってくれる。

ブレーキは、特に印象が残らなかった。つまり、よく効くということだ。乗り心地には張りがある。ロードノイズが大きめで、SLという2文字からイメージするほどの高級感は感じられなかった。

メルセデス・ベンツ450 SLC 5.0(1977-1980年)
メルセデス・ベンツ450 SLC 5.0(1977-1980年)

このホモロゲーション・スペシャルモデルにも、光り輝いていた時代があった。その過去を振り返えれば、450 SLC 5.0の現在の取引価格が非常に手頃だという事実に驚く。

メルセデス・ベンツが与えたモデル名の、450の5.0という数字がわかりにくいことも、理由かもしれない。R107型SLのモデルライフが長く、見た目の違いが限定的ということも影響しているはず。

SLC全体で見れば、通算6万6000台が製造され、5.0Lエンジンを搭載したSLも少なくない。販売での成功という面で、450 SLC 5.0と500 SLCの功績は大きかったといえる。

最高を求めるメルセデス・ベンツだからこそ、少量生産のホモロゲーション・スペシャルでも親しみやすく実用的で、興奮度の低いモデルに至ったのだろう。しかも最高だからこそ、量産モデルに限りなく近い内容で実現できたのだと思う。

メルセデス・ベンツ450 SLC 5.0(1977-1980年)のスペック

価格:6万2272ドイツマルク(新車時)/3万5000ポンド前後(507万円/現在)
生産台数:1636台
全長:4740mm
全幅:1778mm
全高:1300mm
最高速度:225km/h
0-97km/h加速:8.5秒
燃費:5.3km/L
CO2排出量:−
車両重量:1515kg
パワートレイン:V型8気筒5025cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:243ps/5000rpm
最大トルク:38.3kg-m/3200rpm

関連テーマ

人気テーマ