【次期カングーと共同開発】メルセデス・ベンツ・シタン 試作車へ試乗 Tクラスに展開も 後編

公開 : 2021.04.02 19:05  更新 : 2021.05.12 21:08

商用車としてもミニバンとしても期待

次期シタンは車高が高く、柔らかいサスペンションが支えているため、ボディロールは明確に生じる。タイヤは17インチで205/55というサイズのスタッドレスだったが、氷点下近い気温でもグリップ力は非常に高かった。

従来のシタンは、メルセデス・ベンツの割には、というヒトコトがつきものだった。だが、まったく新開発となる2代目シタンでは、しっかり気になる部分の改善が図られたようだ。

メルセデス・ベンツ・シタン・プロトタイプ
メルセデス・ベンツ・シタン・プロトタイプ

完成したメルセデス・ベンツ・シタンを試乗できるのは、2021年の後半になる予定。しかし開発中のプロトタイプといえども、動的性能は確実に大きな進化を遂げていると感じた。

ハンドリングや乗り心地は、大幅に改善されている。走行時の洗練性や快適性も、段違いに良くなっていると思う。

インテリアは素材の質感が高められており、デザインも現代的なものになる。家族で移動するミニバンとして、Tクラスの強みになるに違いない。メルセデス・ベンツによれば、搭載される装備や機能はクラスベストの内容になるという。

新しいプラットフォームの採用で、荷室空間が広げられ、実用性も引き上げられている。商用車としての訴求力も増すことだろう。ユーロNCAPの衝突テストで5つ星が付けば、新しいメルセデス・ベンツ・シタンの注目度は一層高まるに違いない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ EQTの人気画像