【デザイン/サイズは?】次世代レクサス象徴「LF-Zエレクトリファイド」世界初公開

公開 : 2021.03.30 20:37

移動体験を豊かにする先進機能

LF-Zエレクトリファイドでは、ドライバーの嗜好や行動特性を学習したAIがドライバーをサポートする。

音声コミュニケーションにより、運転中の操作性が向上。ドライバーとの対話を通じて、好みや気分にあわせたドライブルートやレストランの予約などを提案、ライフスタイルコンシェルジュとしてユーザーの生活を豊かにする。

LF-Zエレクトリファイド
LF-Zエレクトリファイド    レクサス

また、デジタルキーを採用することでスマートフォンによるドアロック開閉などの車両操作に加え、従来型のキーの受け渡しをすることなく家族や友人がクルマへアクセスできる。

デジタルキーを介したサービス提供者によるクルマへのアクセスが可能になることで、クルマへの荷物宅配やカーシェアなどの車両連動サービスの提供を可能する。

乗車時、格納式ドアハンドルが、キーを所持した乗員が近づくと車両表面から自動的にスライドし、ハンドル内部のセンサーに触れるとドアの解錠、開扉をスムーズにおこなうことが出来る。

降車時には、車内の開扉スイッチを押すことでドアを開けることが可能になり、車両に搭載されたセンサーが周辺状況を監視し、接近する車両や自転車を感知した場合には、乗員に警告を発して、降車時の事故低減にも寄与する。

さらに、開放感を感じさせるパノラマルーフは調光ガラスを採用、プライバシー確保や夜空を映すイルミネーションなどエンターテイメント機能を搭載。

ルーフセンターにはフロントシートとリアシートをつなぐタッチパネルを配し、車両内での乗員のコミュニケーションに活用。後席シートは、リクライニング、リラクゼーションなど多様な機能を備えており、移動時にすべての乗員へ癒しと安らぎの時間をもたらす。

次世代のマークレビンソンのオーディオシステムは世界中のコンサート会場と同じ音響空間を車内に再現する機能を実現。

ノイズキャンセリングを備えた次世代サウンドマネジメント機能により、座席間や車外との対話をスムーズにし、静かで快適な移動空間を提供する。

サイズやスペックは?

全長:4880mm
全幅:1960mm
全高:1600mm
ホイールベース:2950mm
重量:2100kg
航続距離(WLTP):600km
バッテリー容量:90kWh
電池:リチウムイオン電池
冷却方式:水冷
最大速度:200km/h
最大出力:544ps
最大トルク:71.4kg-m

LF-Zエレクトリファイド
LF-Zエレクトリファイド    レクサス

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事